« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月29日 (日)

レンゲ畑でつかまえて

晴れわたった連休だというのに、夫は仕事なので、朝だけ里山の散歩に一緒にいきました。

  ア~ い・い・き・も・ち
0704290044














朝もやの棚田には、この連休に田植えのため、いっぱい水がはってあります。

休耕田は、レンゲ畑です。

みどりは、大喜びで飛び跳ねています。
0704290026

  


青い花々(72)

0704280009 カキドオシ
里山のあちこちにたくさん咲いています。
これの群生もきれいです。

| | コメント (16)

2007年4月28日 (土)

寄せ置き応用編と種まき

いつも玄関先に置きっ放しの、大鉢の植え替え。                 
もう何年も植えっぱなしのクレマチス(アフロディテエレガフミナ)はぐんぐん伸びて、イベリスも綺麗に咲いてきました。
毎年、この季節が来ると忘れずに咲いてくれます。
去年までは、ブルーデージーと、杉井明美さんのペチュニア”うすずみ”を定番にして4種を一緒に植えていました。

今年はブルーデージーが大きくなりすぎたので抜いて花壇に移しました。
代わりには?っと、庭を見渡して、花芽がみられるツリージャーマンダーを。
”うすずみ”をお店で見つけられなかったので(なんで、なんで???大好きなのに)、
サフィニア”カフェラテ”で手を打つことに。

鉢は薄い正方形のタイルで4枠に区切ってあります。(タイルの深さだけ)
寄せ置きの応用編ですが、大きな深い鉢の時はこの方法で植えます。
こうしておくと、寄せ置きのように、ポリポットに植えていなくてもお互いの根がからみにくく、植え替えが簡単で、他の寄せ置きから抜いてきて簡単に、置き換えもできます。
強いものだけが他の花を圧倒してしまうことも防ぎ、旺盛な根は、深く潜ってゆくことができます。
0004070002 0004070004










で、今年はどんな感じになるかな?

タネも蒔きました。
0004090012 今盛りの花々も、5月半ばが過ぎると、勢いを衰えてゆきます。
八重桜が咲いたので、夏花壇の準備のために、タネまきをしました。
そらいろサルビア(サルビアパテンスエンゼルブルー)も、難しいけどもう一回挑戦と、去年採ったわずかなタネをまきました(インパの横)
少し早く蒔いたペチュニア(タキイF1ロンドブルーガーデン、濃淡2色)は、セルに1回目の植え替え。

青い花々(71)
0704240044 はなにら
増やしたい候補NO,1です。
庭のあちこちに散っているので、今年は集めよう。
この花の群生を、近所で見ると、立ち止まってしまいます。

| | コメント (12)

2007年4月26日 (木)

ネモフィラブルーなしあわせ

0004090032_2 気持ちのいい青空の下

風に揺れる、いっぱい咲いたネモフィラブルー

何もかも忘れるしあわせな時間です


ネモフィラブルーは、この青が好きな私の作った言葉です。
ネモフィラ・メンジーシー(インシグニス)別名ルリカラクサ
ギリシャ語で「森を愛する」という意味だそうです。

0004090027 0004090029

0004090006

| | コメント (24)

2007年4月23日 (月)

里山の命たち

Gif_5



クラブアップルの蕾にてんとう虫が




カエルは保護色の練習?

雨水をためるポリバケツ         この子はココで冬眠してました  0704220096
0704220095_1     









0704220093_2 この子は山蕗のなかであそんでいます










アジュガの上はみどりのお気に入り


0704220080_2


 

こまるなー






”コーラルさん、ムムムさんへ”
コーラルさんへのコメントで、つれづれさんが書いてらっしゃるように、アジュガが一般的な名のようです。
アージョウガ”ではなくて残念でした。また覚えなおしてください。

| | コメント (22)

2007年4月22日 (日)

エルミタージュ美術館展と大原の里

0704220058 混まないうちにと、朝から京都へ出かけた。
京都市美術館の、大エルミタージュ美術館展へ。
いつものことながら、絵画の実物を観られることのしあわせ。
絵画の中でしか想像できない、当時の風景や人物を通して、女帝エカテリーナの時代に想いを馳せてきました。




帰りは京都市内を北に上り、大原を抜けて滋賀に帰るのが近道です。
石楠花が咲く季節なので、大原三千院へ寄りました。
三千院はもう何度もきているので、このたびは、並びの宝泉院へ。
ここの庭は、TVで紹介されてから、有名になって、最近は大勢人が訪れるそうです。
抹茶とお菓子をいただきました。樹齢600年の五業松を見ています。
0704220023_1














桜の花びらがはらはらと散っています
0704220022_1











0704220026_1  北富さん、ここに水琴窟があって、はじめて聞くことができました。
(友達が耳を当てて聞いています)
水琴窟って?北富さんのこの記事の最後にでてきます。




薄黄緑色の八重桜、御衣黄桜(ゴイコウザクラ)      アカバナミツマタ
0704220043 0704220019








大原の里の野道で見つけた花     
         二輪草         青い花々(70)ムササキケマン
0704220008 0704220010



至福の一日でした。

| | コメント (10)

2007年4月20日 (金)

苗を買ってきたので

0004020001 夏用の苗を少し買ってきた。
苗を買うとすぐ2周りくらい大きなポットか、鉢に植え替える。
春の花が終わるまで、大きく育って、待機せよ!!
その上、暖かくなったら挿し芽をしていっぱい増やそうという魂胆です。

0004020011 タネは少し。サルビア2種とペチュニア2種。
ペチュニアは10日ほど前に蒔きました。
(相変わらず、青の濃淡2種です)

八重桜が咲いたので、去年採った種(ソライロサルビア、コーラルニンフ、アサリナなど)と一緒にサルビアもそろそろ蒔こうかな。

0704190003 ナスタチュウムは2株(黄とオレンジ)
すぐにタネがたくさん採れるので、タネは買いませんでした。
へんな植え方でしょう?
大きくなったらまた見てください。


コスミックブルー、ルピナスボンネット、クレゴマも買ったので、うちにあるもので使えそうなものを集めて、寄せ植え(寄せ置き)を作りました。
寄せ植えは、植えた時と成長した時のお花のそろい具合のギャップが難しいので、いつも悩みますが、どんな感じに育つかなー?

0704200003_1

| | コメント (19)

2007年4月18日 (水)

ルナリア満開

去年の春に、近所の方にいただいて蒔いたルナリヤが、やっと咲きました。
ごうだ草、大判草の別名があり、実はドライフラワーによく使われます。
とても背が高く、大根の花や一重のストックの花に似ています。
0004010003















何度も載せた、東花壇は、チューリップもルナリアも咲きそろって、今花盛り。
0004010006















熊本の阿蘇で15センチの積雪だそうです。
なんということ。
このところ、寒くて、咲くべきものが咲かなかったり、散ってるはずのものがいつまでも咲いていたり、毎年定番にしている寄せ植えの花が揃わないので、なにに変えようかと迷っって、庭を見回すこのごろです。
みなさん、不順な気候で風邪などひかれませんように。

3日休んだので、3つ記事を書きました。
こんなことは、2度とないでしょう。

だから、雪が降ったのかー

| | コメント (14)

オックスフォードとケンブリッジ

青い花の名を調べていると、よく出くわす
オックスフォードブルーケンブリッジブルー
少し暗めの青が、オックスフォードブルーで
明るい空色がケンブリッジブルーだそうです。
それぞれの、名門大学のスクールカラーが、その名の由来です。

とういことで、きょうは、

青い花々(69)
ベロニカオックスフォードブルー
0003280004_1
暑い夏に蒸れてなくなったと思ったけど、さすが繁殖力の強さは、花もそっくりなおおいぬのふぐりとよく似ています。あったあった庭の隅っこで咲いてました。今年は増やそう。
(この写真は、友達の庭で撮りました)

さしずめ、ネモフィラのブルーはケンブリッジブルーと言えるかな?
(今朝のネモフィラ)
0004010007_1   

| | コメント (6)

わらびを食べました

里山の田のあぜに、わらびが出始めています。
もう、アザミも咲きかけています。
この黄色い花はオカオグルマ。山野草図鑑で調べました。
0704100003_1 0704100005 0704100009 









ワラビをたくさん摘んで、きれいにあくをぬいたので、
夕べのおかずは、2品作って食べました。

一品は、厚揚げと炊き合わせ。
もう一品は、少したたいて、小さく刻み、おかかとしょうゆでまぜまぜして、ハイできあがり。
0003310012 0003310014







うまいんだな これが



             





| | コメント (8)

2007年4月14日 (土)

ラの音からはじめよう

青い花々(68)
ムスカリ

お向かいのお家で今真っ盛りなので、撮らせてもらいました。
いままで載せてなかったのが、不思議なくらい春の定番です。
0704140015_2


                 
              
   目覚めの悪い朝がある。
庭へ出ると、お花はこんなに元気で、気高いのに。
        咲き始めたルナリア            蕾が見えてきた日本桜草   
0704130004_2 0704140014_1  

         少し前に、ラジオで耳にした。
話すときに、ド(ハ長調)の音から話し始めると、低くて元気がなく聞こえるけど、ラの音で始めると明るく元気に聞こえ、気持ちが上向きになるので、まず、朝のあいさつをラの音ではじめてみましょうと言っていた。

ラの音をピアノで弾いてみた♪
 ほんとだ!!!
夫が、起きてきたので 「おはよう」 と試してみた。
「おー、今朝は元気やなー」
 ありゃー。効果抜群や

夜中の雨もあがり、さわやかに晴れわたりました。
では皆さんにも
  
   おはよう ♪♪♪    よい週末を!!!

| | コメント (24)

2007年4月12日 (木)

湖畔の春に

県内の桜はようやく満開に。
それではと、長年の遊び友達のkさんと、出かけた。
年に数度は訪れる、以前も紹介した「シャーレー水ヶ浜」。
「一日中、座っていたいよねー」ときらきら光る湖面を見下ろすテラスで、芽吹き始めた木々、満開の桜を眺めながら、コーヒーを飲んでひなたぼっこ。

0704110037 0704110046 0704110053 0704110055
崖を利用したガーデンは様々な木々や花々があり、「おじさん、これは何の花?、これは何の木」と庭で作業中のおじさんに質問攻め。

とっても親切に、いろいろ説明していただいた中のひとつをご披露。
ムベの花と、アケビの花が対のアーチにしてあって、実はよく似ているのに、こんなに違う花が今満開です。
ムベは、天智天皇が蒲生(今の近江八幡)に狩に来られた時、無病長寿の霊果といわれるこの実を食べて「むべなるかな」と言われ、その名が付いたといわれているそうです。
葉が3,5,7枚のものがあって、七五三の祝木としても使われ、実の形から男性を象徴し、子孫繁栄の縁起ものとしても、皇室に献上される果物だそうです。
アケビと対にしてあるのはそういう訳でした。
アケビの実とムベの実を知らない人には、ちょっとわからないお話です。
ふーん。勉強になったなー。
でも、子孫繁栄という言葉が、当然のように課せられる皇室のお嫁さんは、やっぱり気の毒だなー。

両方とも、品のいい綺麗な花が満開でした。
          アケビの花               はじめてみたムベの花
0704110031 0704110024
他のおばちゃんたちが、教えてくれた。
「あの人は、ここのオーナーで元近江八幡市長さんよ」
ありがとうございました。また夏にも来マース。

もう、シャガが咲いてた。
来週は私のお薦めの、シャガの群生地に行こうね、kさん。

| | コメント (22)

2007年4月 9日 (月)

咲きそろってきた東花壇

植え込みした時(1月11日)        0701110015_1   今朝の同じ場所(東花壇)
0704090041

表側から
0704090020 

       


  


         

| | コメント (20)

ストレプトカーパスとすみれ③

今年も見事に咲かせたいストレプトカーパス。        去年のストレプトカーパス
07220002 10日ほど前に株分けし、植え替えて2鉢にしました。
1鉢は、長年の友人のkさんにお嫁入りが決まっています。咲くまでは私の管理です。
去年、株分けして一鉢さしあげたら、見事に咲いて、すっかりストレプトカーパスのファンになったお向かいの奥さんから、お礼にと小ぶりタイプを一鉢いただきました。
どんな色かな?楽しみ楽しみ。
去年買った、白とピンク。
白は夏に蒸れてとうとう枯れたけど。ピンクは新芽が大きくなってきた。

これで、今年は3j種類。たくさん花芽をつけてほしいな。。
きょうの作業は、小ぶりを素焼きの鉢(蒸れをとっても嫌うので)に、ピンクの土を新しいのに、植え替えです。
とまとさんも、がんばって咲かせてね。

    株分けして2鉢に      いただいた小ぶりタイプ  新芽の出てきたピンク
0704090037_1 0704090038 0704090039







すみれ③
       紫雲の空             ストックと寄せ植え
0704090011 0704090013
  ビオラF1ソルベYTTのハンギング       ハナカンザシとの寄せ植え
0704090017 0704090036

| | コメント (7)

2007年4月 6日 (金)

ホワイトアスパラができたが

夫が以前、旅行先のおみやげに生のホワイトアスパラを買って来たことがあった。
缶詰の印象が強かったので、その美味しさに驚いた。
高級食材の揃ったお店や、デパートが近くにあるわけじゃないし、収穫時期が限られるせいもあり、以来お目にかかれず、口にしていない。
先日、今年はじめてアスパラの芽が出て思いついた。
暗くしてやれば出来るんじゃないか?
夫は、アスパラの生えてくる場所を半分に区切り、一方にもみ殻を高さ25センチほどかぶせてくれた。写真①
アラー。今朝、一本だけ頭が出ていた。写真②
手でもみ殻をかき分けてみたら、なんと細いけど確かに白いアスパラが数本。写真③
めぼしいところも少しかき分けて、本日収穫これだけ。写真④

0704060001 0704060002_1  
      写真①(手前はグリーン用)              写真②
0704060003_2 0704070042_1
            写真③                      写真④

夫より先にお味見と、お昼に数本茹でて食べてみた。
うーん。美味しい。だけど硬い。
やっぱり、土をかぶせないと無理かなー。
でも、きのう食べたグリーンも硬かった。
きっと、天候不良のせいだ。
暖かくなったら、太くて柔らかいのがきっと出来る。

 

| | コメント (18)

「杉の皮を剥ぐ」の追記

                                                     
↓の「杉の皮を剥ぐ」の記事に追記です。              コブシ咲く里山
0704060030_2 今朝、たまたま宮司さんにお会いしたので尋ねました。
皮を剥ぐのは、20年毎なのだそうです。
去年と今年だけの行事をたまたま見たことになります。すごいラッキー。
やはり、皮を剥ぐのは木が弱るそうです。
この宮司さんは、職業柄か、とっても面白く、興味深いお話をたくさん語ってくださいます。昔のいろんな風習や逸話を聞くのは、とっても楽しみで、里山に行くと、逢えないかなーと探しています。
聞いたお話を、いつか書いてみたいと思っています。

ついでに、今朝の里山のお花です。

      レンゲ       タンポポとモンシロチョウ     ショウジョウバカマ

0704060012 0704060015_2 0704060040      

| | コメント (4)

2007年4月 5日 (木)

杉の皮を剥ぐ

0704050020_1 うちの里山ガーデンの下の棚田の持ち主は、近くの神社の宮司さんです。
1000年の歴史を持つ神社は、参道に大木の杉が並ぶ鎮守の杜です。

今朝、春恒例の行事が行われていました。
大木の杉に登り、職人さんが皮を剥いでいます。
剥いだ皮は、神社仏閣の屋根を葺いたり、和風の塀を作るのに、使われます。
めずらしい光景です。

 左は作業が済み、右はまだです   皮を剥がされ赤裸    遠くで撮れました
0704050019_2 0704050017_2 0704050018
 





久しぶりの快晴。みどりは快走。そして快眠。
0704050007 0704050024

| | コメント (12)

2007年4月 1日 (日)

でてきた、でてきた。

春とともにでてきた、でたきた。

   ネモフィラ一番花    クレマチスモンタナの蕾    タマクルマバソウの蕾
0003140003_2 0003140010_2 0003140008_1







   ルナリアの蕾      アスパラガス     小アジサイの蕾    しいたけ    
0003140004_1 0703280001_10003140011_1 0003140032_2
      




ハヤトウリの根
0003140006_1
ハヤトウリは、秋に一個だけ、新聞紙に包んで、冷蔵庫に入れておいたものです。
開けてみたら、根が出かけていました。
そろそろ植え時でしょうか?misaoさん。
包んであった新聞紙に、「もったいない!」の嘉田県知事が写っています。
オール野党からの出発はまだまだ前途多難。
理想に燃えるこの写真のころに比べ、このところ少しお疲れのように見えます。
ハヤトウリのように、新しい根を張れるかな?

| | コメント (30)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »