« シネンシス満開 | トップページ | 里山の春の日 »

2007年3月24日 (土)

ホームの母をたずねて

両親が、老人ホームに入って2ヶ月。
父が、入院して1週間。幸い軽い呼吸困難できのう退院しました。
母は、不思議なくらい落ち着き、父の入院をちゃんと理解していると思えません。
父は父で、「おばあちゃんはどこや?」と聞き、自分が老人ホームから、救急車で運ばれたことも覚えていないようです。
二人とも要介護3で、父も軽い認知症が始まり、二人暮らしは限界がきていました。
それでも、なんとか側で看られないかとがんばってきたけど、急なうちの事情もあって、ホームへの入所は、止むを得なかったと思います。
1年がかりで、夫婦で同室、予算的にも許容でき、病気がちの父の介護もお願いできる所。と言う条件を満たすところを探していただきました。
うちから1時間かかる、このホームと父の入院先へきのう娘と一緒に行きました。
   娘に手を引かれホーム内を散歩     娘に買ってもらった髪留めがお気に入り
0703220006_3  0703220008
おまけです。
途中、近江八幡に寄りました。 
娘は、帰ってくると、いつもクラブハリエのバームクーヘンを職場へのおみやげにしています。
どこで売ってるか?と問い合わせが多く、TVでもよくとりあげられますが、あまりに人が殺到するので、最近はTVで教えないそうです。有名な和菓子のたねやの本店が八幡にあり、クラブハリエはその洋菓子部門。
滋賀には、あちこちに出店があって、幸せです。
日牟礼大社は桜にはまだはやく、平日のせいもあり、いつもより観光客が少なくゆっくり写真が撮れました。
    境内内のクラブハリエ        八幡堀           舟橋        
0703220001 0703220003 0703220004_1 




八幡掘りは、よく時代劇の撮影が行われるので、見覚えがあるでしょう?
舟橋は、橋げたが船で出来ていて、水かさが増しても橋が水に浸からないよう工夫された風情のある橋です。

  

|

« シネンシス満開 | トップページ | 里山の春の日 »

コメント

となりのとまとさんへ
とまとさんを見てると、少し前の私のようです。頑張り過ぎないようにね。
母はホームに入ってしばらくは、訪ねると泣き、帰ると泣きという状態で、もう連れて帰ってなんとかうちで看ようか思ったくらいです。でも最近は、明るく笑うようになりほっとしています。
認知症は、ホームのようにたくさんお仲間がいるほうが本人にはいいようです。狭いマンションで父に怒られながら暮らすより、よかったかなと思えます。

投稿: ネモフィラブルー | 2007年3月26日 (月) 14時57分

minigardenさん
うちの場合は、ハード面は兄夫婦、ソフト面は、姉と私が担当ってところです。
やはり、一番遅くまで、両親の側にいた末っ子の私がなにかと世話をやくことになりましたが、兄弟力合わせられて助かっています。
アルツハイマーは進行が早いと聞きます。
おとうさんお淋しいでしょうね。
子供の世話にはならないようにと、さんざん言い続けてきた両親です。その意にそっていると言えるかもしれません。
お互い健康でいましょうね。

投稿: ネモフィラブルー | 2007年3月26日 (月) 14時12分

あきのさんへ
ほんとにあきのさんのおっしゃるとおりです。自分自身の老後はあきのさんやossさんを見習おうと思っています(笑)
私の両親の時代の人は、家族の形が変わってゆく狭間できっと気苦労してきたと思います。ホームに入るなんて感覚はきっと皆無だったでしょう。
親をホームに入れてしまって、という後ろめたい感情を持つ最後の年代かもしれません。


投稿: ネモフィラブルー | 2007年3月26日 (月) 13時52分

北富さんへ
しばらくご無沙汰していたのにコメントありがとうございます。
夕べブログにおじゃまして、黄色の花にらを、始めて拝見しました。めずらしいですね。
今のお年よりは、こんな老後を予想し得たでしょうか?私たちの20年後は、世の中どう変わっているでしょう。
出来るだけ人に頼らないよう、ほんと、頑張りましょうね。

投稿: ネモフィラブルー | 2007年3月26日 (月) 13時35分

ossさんへ
ネモフィラは、茎の分かれる根元から、花柄が伸びるので、摘心はまったくしくていません。温度が低いと、いくら日が当たっても、徒長しやすいかもしれませんね。私は、徒長して風に揺れる様も好きなのですが、窒素肥料は控えたほうがいいかもしれません。
親を見ながら、よく姉と年とって困ったら一緒にホームに入ろうと話します。友達と入るって手もあるけど、きっとossさんの嫌いな人間関係の問題もでてきそうだし、「一人で生きる、一人で暮らす」ことに喜びを見つけられる人になりたいと思うこのごろです。

投稿: ネモフィラブルー | 2007年3月26日 (月) 13時24分

お父様のご退院おめでとうございます。
そして、御夫婦で入れるホームが見つかって良かったですね。静かで景色の美しい所のようですね。
━なんとか側で看られないかとがんばってきたけど━ の言葉に表れているネモフィラブルーさんの気持ちが痛いです。私もいつかは決心しなくてはいけない日が来るだろうと思っています。

投稿: となりのとまと | 2007年3月26日 (月) 13時09分

お父様、退院されてよかったです。
ホームの選び方は難しく、実際入ってみないと本当のところはわからない部分があるかと思いますが、ネモフィラブルーさんは良い所を見つけられて、本当によかったです。
主人の母は1年半前にホームに入り、その1年後に父が同じホームに入りました。
母がアルツハイマーの症状となり、数年を経ていよいよ老夫婦のみではやっていけないところまで来たためです。そこに至るまでは、周りを巻き込む大変な状態で、そばに住んでいる独身の義姉が一番骨を折ってくれました。遠く離れている私たちは、ただただ感謝です。
年をとるのは、自分でも予測できない状況になるかもしれないわけで、怖いし難しい。
なんとかうまく元気で丈夫なまま年齢を重ねていけたら、と思うこのごろです。
ネモフィラブルーさんも、この先も長くやっていける方法を見つけられたのだと思います。

投稿: minigarden | 2007年3月26日 (月) 00時46分

わたしが年寄りの気持ちから言うと、世話になるなら施設の方が気楽だと思います。
歳とることはだんだんと体のトラブルがおこります。そのとき、身内に下の世話をしてもらうのは、身の細る思いがします。
専門的に訓練を受けた人が仕事として、感情を入れないほうが、気が楽だと思うのです。だから体を動けるようにとことんプールなどで頑張ったあとは、専門家に面倒を見てもらいたいと思っています。
年寄りの気持ちです。参考にしてください。

投稿: あきの | 2007年3月25日 (日) 21時15分

ご苦労様でした。本当にお疲れ様です。と言うしかございません。妻の母がホームに入っています。距離が遠い為、娘と妻で一ヶ月に一度程度しか行かれません。それぞれの事情があります。ただ、高齢者介護はますます拍車をかけるでしょう。介護する人が更に介護されると言うような時代です。自分に置き換え非常に暗澹としてきます。頑張るしかない!頑張りましょう。

投稿: 北富 | 2007年3月25日 (日) 19時58分

ネモフィラはドンドン摘心していった方がいいのかしら。すごく早く乱れてしまって・・・去年は異常に寒かった春で、いい苗が手に入りませんでした。我が家は精々3苗くらいしか育てられないので、苗を買います。
離れていて親の介護は病院と兄嫁に任せていた私は、発言権がないのですが、必ず私も歩む道です。ホームの実情など勉強しています。娘さん頼もしいですね。

投稿: oss102 | 2007年3月25日 (日) 15時44分

ムムムさんへ
京都でも揺れましたか?
息子達の近くなので、心配しましたが、皆無事との連絡が入ってほっとしました。
両親をいろいろ気遣いながら看ていた頃を思うと、今は楽すぎて申し訳ないくらいです。
父は、もうショートやデイに行かなくてもいいと、喜んでいるようです。
足が不自由なうえ、心臓が弱いので、移動するのは、本当は大変だったようです。
動かないと寝たきりになるし、社会との繋がりも大切だし、がんばって通ったおかげで、きょうの日があるんだなと、がんばった父をほめてあげたいと思いました。
滋賀県民として、ご主人に感謝申し上げます。やっぱり日牟礼工場のが一番人気だそうですね。どこのお店で買ってもおいしいと思うけど。
私、たねやのわらびもちも大好きです。

投稿: ネモフィラブルー | 2007年3月25日 (日) 15時28分

chiyomiさんへ
お互いに、退院となってほっとしましたね。
でも、これからまたいろんな事件が起こるんでしょうね。
離れていると見えない時間が不安ですね。
母に手を引いてもらって大きくなった娘が、
小さくなった母の手を引いています。
いい写真と言って下さってうれしいです。
ネモフィラってきれいな空色でしょ?
うちのネモフィラたちも、蕾をつけ始めています。
八幡は、好きで、年に何度も訪れます。
また来て下さい。

投稿: ネモフィラブルー | 2007年3月25日 (日) 15時04分

夫婦同室で入居できるホームが見つかってよかったですね。
今まで毎日気が休まれなかった分、(といっても気がかりでしょうが)本当に少しは、気を楽にしてください。(と書いてたら、今地震!・・苦手です。)
たまたま夫が23日東京からの帰りに(いつも大丸東京のたねやさんでおみやげを買って帰る。(職場用)。京都に近い滋賀県の応援をしたいんだって。)HIMURE VILLAGEの冊子も。昨日からこれを読んでいました。バームクーヘンがなかなか入手できないことのお詫びの記事があります。いつか食べるぞ!

投稿: ムムム | 2007年3月25日 (日) 09時50分

お父さまご退院おめでとうございます。
軽くすんでよかったですね。そしてホームもご両親で入居できる所と聞きうれしいです。
母も今日退院できました。ブルーさんのお父さまと同じで、母も家に帰ると自分が今まで入院していた事をすっかり忘れていました。ブルーさんが以前忘れる事が幸せなこともあるといってくださったことを思い出し、家で生活をしているうちに自分を取り戻し落ち着いてくれる事を期待しています。
お赤飯用の小豆を買うため、農協のお店に寄った時ネモフィラのポット苗が売られていました。かわいいブルーですね。はじめて見ました。もう少し落ち着いたら我家にも植えてみたいです。
おまけの八幡堀、長命寺に行った時歩きました。(^o^)
お嬢さんとお母さまが手をつながれた写真いい写真ですね。

投稿: chiyomi | 2007年3月25日 (日) 01時30分

ぴぴさんへ
私たちの年齢になると、ほとんどの人が、似たような問題を抱えています。
私も、側で介護している時は、何度も自分を責めたことがあります。お友達の気持ちはよくわかります。
でも、いざホームに入ってしまうとそれもなくなり、少しむなしさを感じます。


投稿: ネモフィラブルー | 2007年3月24日 (土) 20時46分

lilyjさんへ
お母さんご長命ですね。体はお元気ですか?
うちは幸い、夫婦一緒なので、さほどの混乱もなくすみました。認知症の場合は、ホームにはいったほうが、楽しそうです。
ホームを訪ねると、いろんなお年寄りがいらして、それぞれの方の、見えない人生を思ってしまいます。
これからは、時々訪問して傍らに寄り添うだけしか出来ませんね。
娘さん、1年経つとお仕事も慣れてきたかな?うちの娘は、移植外科の病棟看護師をしています。二人とも、がんばって欲しいですね。

投稿: ネモフィラブルー | 2007年3月24日 (土) 20時36分

micoさんへ
誰もが明日はわが身と思い、順送りですね。
楽しいこと見つけて、ずっと健康でいられたらいいですよね。
ブログ書いて、手と頭と働かせ続けるといいかな?

投稿: ネモフィラブルー | 2007年3月24日 (土) 20時16分

咲子さんへ
本人にとって、どんな形が一番幸せなのかはよくわかりませんが、常日頃子供達に迷惑はかけたくないと言うのが口癖でした。
私たちも、皆そう思っていますが、なるようにしかならないですものね。
毎日のように通っていた頃を思うと、楽すぎて申し訳ないくらいです。

投稿: ネモフィラブルー | 2007年3月24日 (土) 20時05分

良いホームが見つかりよかったですね。
友との会話の中で多くなりました。何処の家庭も色々ありますが、思う様にいかないとトゲの有る口調になってしますと・・・後で後悔してしまうと、そんな時ランチに誘い気分転換 友も喜んでくれます、そのぐらいの事そかできません。頑張ってねと。

投稿: ぴぴ | 2007年3月24日 (土) 18時45分

こんにちは
豊かな自然に囲まれたホームですね
ご両親落ち着かれましたか?
私の母も認知症(要介護3)でグループホームでお世話になっております 今年97歳になります
いままでの流れの中でやはりその環境に慣れるには混乱もありましたし本人の不安も相当なものでした
私自身複雑な心境ですが・・
時々訪問して母の傍に寄り添ってます
娘 昨年助産師デビューしました

投稿: lilyj | 2007年3月24日 (土) 16時39分

お父さんもお母さんもやさしい娘さんや
孫さんに囲まれてお幸せですね。
明日はわが身、胸が痛くなりました。

投稿: mico | 2007年3月24日 (土) 15時27分

今日は文を読んでいますとご両親への優しさが心に伝わって来ます。年を取ると辛い事が一つ一つ増え残念ですね。しかし優しいネモフィラブルーさんと娘さんを見ていますと心が安らぎます。人は皆同じ道を何時かは行くのですが安心出来る人達に護られている事は嬉しい事です。でもお疲れの方も心配です貴方も大切にして下さいネ。

投稿: 咲子 | 2007年3月24日 (土) 15時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シネンシス満開 | トップページ | 里山の春の日 »