« 奇跡のりんごは愛で育てる | トップページ | 老舗の争い »

2006年12月10日 (日)

里山の虹

Dscf0062_1


朝、雨が上がった日曜日。
里山に虹がかかっていた。
追いかけてもむこうへ、むこうへ。
虹の下で、野菜を収穫。




Dscf0058_1 今年はじめて植えたヤーコンを掘り起こした。さつまいもというよりダリアの球根に似ています。保存がきくらしいので、お味のほうは、近いうちにご報告いたします。

他には、大根、小蕪、水菜、キャベツ、白菜、ほうれん草、ブロッコリーなどを採ってきました。(右上がヤーコン)

帰って、さっそくchiyomiさんのまねをして、白菜、水菜は浅漬け、小蕪は甘酢に漬けました。
夕食は、採りたての大根で、豚汁でした。
アツアツを、フーフー言って、あーおいしかった。

|

« 奇跡のりんごは愛で育てる | トップページ | 老舗の争い »

コメント

micoさんへ
うちのあたりは、しょっちゅう虹がかかります。良いことの前兆なら、もっとたくさんいいことがあるはずなんだけど‥‥
ヤーコンは最近は、スーパーでも見かけるようになりましたが、まだ食べたことがありません。楽しみです。

投稿: ネモフィラブルー | 2006年12月12日 (火) 22時35分

虹に見惚れてしまいました
良いことの前兆のような気がして好いですね
採れ立て野菜、美味しそう!!
ヤーコン初めて聞く名前です、

投稿: mico | 2006年12月12日 (火) 12時35分

chiyomiさんへ
私にも、chiyomiさんと同じように、映画友達がいて、最近は、「デスノート」「木更津キャッツアイ」など、若者好みの映画も観ています。。
また、映画情報も楽しみにしています。

投稿: ネモフィラブルー | 2006年12月12日 (火) 08時40分

あきのさんへ
いい味だしてるかは、別として、ふたつの記事の間違い探しも、おもしろいかもしれません(笑)
かえって気をもませてしまいましたね。

投稿: ネモフィラブルー | 2006年12月12日 (火) 08時30分

ぴぴさんへ
ここ琵琶湖の西岸は、私は虹の町と心で呼んでます。それくらい、特に秋から冬にかけては、しょっちゅう、虹がかかり、同時に2本かかったり、二重にかかったりする珍しい現象もしばしばです。
そう、気分だけはいつも幸せになれます。

投稿: ネモフィラブルー | 2006年12月12日 (火) 08時24分

「武士の一分」の感想ありがとうございました。
最後の場面「・・・ていねいに見せなくても・・・」実におもしろい表現です。ブルーさんに拍手!!

投稿: chiyomi | 2006年12月11日 (月) 22時54分

ブルーさん、
朝、削除したのに、夜、まだ出ていました。
きっと「いい味しているから、消さないどこうな」なんて言っているのでしょう。

投稿: あきの | 2006年12月11日 (月) 20時24分

虹・最近見ないな・・・見ると幸せ気分になれますね。得したなぁと^^
取れたて野菜いいな、野菜を買うと長持ちしないスーパーがあります、仕事がら買出しは休み位なので困ります。農家の方に貰うと嬉しくなります。(自分で出来るのはミニトマト位かな)

投稿: ぴぴ | 2006年12月11日 (月) 19時14分

つれづれさんへ
近かったら、掘り込んであげるのにね。
夫は、具沢山の汁物が大好物で、お鍋いっぱい作っても、次の朝にはからっぽです。
私は、一晩寝かした豚汁が食べたいのに、がっかりでした。

投稿: ネモフィラブルー | 2006年12月11日 (月) 16時53分

oss102さんへ
昨日で2回目だったので、コメントいただいて安心しました。
トリプルは大変です。
これからは、コメントが消えても、エラーとでても、慌てず、騒がず、2度と送信しません。でもなぜなんでしょうか?

投稿: ネモフィラブルー | 2006年12月11日 (月) 16時42分

ゆさんへ
私は、今年はじめて食べるので、楽しみです。生でも食べられるのは、調理時間の短いのが大好きな私に、とってもむいてます。

投稿: ネモフィラブルー | 2006年12月11日 (月) 16時37分

あきのさんへ
夫婦仲が良いと言うより、価値観がよく似ています。
ヤーコンはそう聞くと、楽しみです。
野菜も花も、基本的には同じように育てるので、あまり大変ではありません。
エラーと出たので、2回入れました。
これで、2度失敗しましたがossさんのコメントを読んで、私だけじゃないとわかり、安心しました。
ただ、1回目と2回目の内容が、10年前と、15年前で、違っています。実にアバウトな性格がよく表れています。


投稿: ネモフィラブルー | 2006年12月11日 (月) 16時33分

chiyomiさんへ
白菜と、キャベツはこの冬はじめての採り入れです。蕪は一度漬けたらとてもおいしくでき、気をよくして白菜もいっぱい漬けました。
子供のころは、よく虹の麓まで行きたくてよく追いかけました。こんな面白い逸話があるんですね。
午前中に「武士の一分」観て来ました。
キムタクが合わないというか、山田洋二監督の世界と、キムタクの世界がちょっとちがうかな?ってかんじででした。ポップになりすぎて、違和感がありました。
最後は、見てる誰もがわかる結末を、ていねいに見せてくれなくても、こちらで予測させて、終わって欲しかったです。
年をとると、くどくなるのは山田監督だけではありませんが‥‥。そんな感想です。

投稿: ネモフィラブルー | 2006年12月11日 (月) 16時23分

コーラルさんへ
ぜひ畑づくりも挑戦してください。
うちも、1年目は、石と、竹の地下茎との戦いでした。積もった石を、斜面に積み上げて壁が出来たくらいです。
豆、芋類はとても簡単にできますよ。
農具もそろったことだし、少しずつはじめてはいかがでしょう。

投稿: ネモフィラブルー | 2006年12月11日 (月) 15時56分

どれもこれもおいしそう~♪
毎日豚汁でもいいぐらい、ぶたじる好きです!

投稿: つれづれ | 2006年12月11日 (月) 15時55分

里山の虹はひときわ美しいですね。
chiyomiさんの虹のお話も面白いです。

そしてブルーさんもあきのブログのコメント欄の洗礼を受けているなと、ニヤリとしました。私は何度もダブルコメントを入れましたよ。トリプルのときもありました。犠牲者は沢山います。

コツは、送信した後、コメントが消えてしまっても慌てず騒がず2度と送信しないことです。後でみれば入っている不思議コメント欄です。でもたま~~にそのまま出ないこともあるのです。><

投稿: oss102 | 2006年12月11日 (月) 12時30分

ヤーコンは生でも火を通してもどちらでも食べられる野菜ですよね。
生だとあきのさんの言うようにシャリシャリして和梨のようです。

投稿: ゆ | 2006年12月11日 (月) 08時09分

庭のこともすごいと思ったけれど、こっちも本格的。すごいなあ。ヤーコンは食べたことがあります。サツマイモのような感じではなく、シャリシャリした歯ざわりだったように憶えています。こういう本格的な仕事をする人は、まず女一人ではやりませんね。夫が参加する家は本格的になります。ご夫婦仲が特別よいと見当をつけました。(わたしへのコメント、気にしていらっしゃるかと、後のを残しました)

投稿: あきの | 2006年12月11日 (月) 03時46分

ブルーさんいっぱい取れましたネェ~。(^_^)v
自分で作ったお野菜はどうしてこんなにいとおしいのでしょうね。白菜だってこのぐらいのが中迄あおくて浅漬けにしても、料理に使ってもおいしい気がします。小蕪は葉っぱも蕪の部分も全部使って浅漬けもおいしいですよ。お漬物是非ご両親に持っていってあげてくださいね。ヤーコンは食べた事がないので記事に期待しています。
虹は昔はなかなか消えなかったらしくて、虹の向こうが見たくって若者が追っかけて行ったらしいです。母親はその若者の帰りをずっと待って年老いてしまいそれを観ていた人がそんな母親がもう無いようにと虹は出てもすぐ消えるようにと願って、それ以来虹はすぐ消えるようになった・・・こんなふうな話を数日前になんかで読んだところだったのですが、なんで読んだのかもう忘れているのです。ちょっと心配になってきます。虹は追いかけたい誘惑に駆られます。

投稿: chiyomi | 2006年12月11日 (月) 01時09分

こんばんは。
美味しそうな野菜たち。とっても立派に育っていますね。
うちは、ハーブで手一杯で、とても野菜作りには着手できません。
畑をつくるには、石ころだらけの土を掘り起こして、
土もたくさん入れて、耕して・・・。来年は、挑戦したいなあ。
あっ、鬼に笑われる!

投稿: コーラル | 2006年12月10日 (日) 23時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 奇跡のりんごは愛で育てる | トップページ | 老舗の争い »