« 湖西の水鳥と白髭神社  | トップページ | 一泊置く »

2006年11月23日 (木)

京都紫野へ

2006_11230027  ムムムさんに教えていただいた大徳寺塔頭の高桐院に行ってみようと、朝から夫を誘って、京都へ。
湖西から京都へは、大原を抜けて北からはいれるので、車は混まなくて助かる。
大原三千院に向かう、多くのバスや車と対向に走り、40分。
大徳寺は北大路に面して、紫野にある。
朝ということもあり、人も少なく、静寂の中、小鳥のさえずり、青い竹林、苔むした庭、そしてなによりちょうど見頃の紅葉。
いつまででも縁に座って眺めていたい風景です。
まるで、着物のCMを撮っている女優さんになったみたい。
でも、夫の撮ってる写真を覗いて、風景にまったく似合わないおばさんが写ってて、がっくり興ざめでした。(ハイ、私のことです)
隣接する今宮神社によって、修学旅行生たちと並んであぶり餅を食べ、北山通りで遅いモーニングをとり、帰りに見かけたお店で、2000円もする竹箒を買って,半日の京都観光は終わりです。
ムムムさんのおかげで、とびきりの京都らしさを満喫することができました。
あしたからしばらくは、、毎日この竹箒で落ち葉を掃き集めることになるでしょう

2006_11230035_1 2006_11230037_2 2006_11230039_2

|

« 湖西の水鳥と白髭神社  | トップページ | 一泊置く »

コメント

micoさんへ
見事な奈良の紅葉も、micoさんのブログで拝見しました。
micoさんはよく歩いて、よくお花を観察してて、すごいすごい。
この時期、どこも人が多く大変で、朝早く行くと静に見物できそうですが、遠くてはそれもなかなかですね。それでも見たいし。

投稿: ネモフィラブルー | 2006年11月25日 (土) 08時35分

oss102さんへ
ここのところ、出掛けてばかりで、優雅にみえますが、日々忙しく、夫と遠出することは久しぶりでした。やはり、桜の春と紅葉の秋は、むずむずします。改めて、小樽の風景には驚いています。
ネモフィラ夫人は、ブッと吹き出しました。中世が舞台のフランス映画の、若い男性との不倫に悩む主人公になった気分です。

投稿: ネモフィラブルー | 2006年11月25日 (土) 08時30分

京都の紅葉、楽しませて頂きました、
このシーズン観光客が多そうで二の足を踏んでいますが、穴場があるんですね~
一度、訪ねてみようかな・・・

投稿: mico | 2006年11月25日 (土) 07時58分

どうも私はタイミングが悪い。何度も訪問して、また水鳥だ。・・と閉じていました。
今度はどうだ!と開いたらみんな会話が終わったあとだった(笑)
乗り遅れたぞ! 雪景色の現実から、紅葉の世界へ逆戻り。被写体にされる美しきネモフィラ夫人。京へのドライブ、優雅な暮らし、みどりちゃんはお留守番かぇ・・・・

投稿: oss102 | 2006年11月24日 (金) 21時41分

ムムムさんへ
期待通りでしたよ。ありがとうございます。
あんな、静に紅葉を見たのは久しぶりです。
上手に撮れてませんが、紅葉もピークでした。どれを選ぼうかと悩むくらいたくさんいいショットがあったんですが、夫が撮ったので、どれもこれも、おばちゃん(私)が入っていたので、入ってないのを載せました。この手水鉢は、ガラシャ夫人のお墓の前のものです。
今宮神社はそんなお守りがあるんですか?
知ってれば、娘に買ったのに。

投稿: ネモフィラブルー | 2006年11月24日 (金) 20時48分

ブルーさん とまとさん
生活の基本的なことだけしておけば、あとは好きな時に寝て起きる・・・今の生活が気に入っています。でもこんな生活は体によくないと反省ばかりの毎日です。
ムムムさん
10年前のおぼろげな記憶に、ご返事ありがとうございます。まるい窓は座って外が見れるようになっていて、拝観者は順番に写真を撮っていたのを覚えています。

投稿: chiyomi | 2006年11月24日 (金) 20時31分

アラ~、早速行ってこられたのですね。期待はずれでなければ嬉しいです。細川ガラシャ夫人の墓石もあったでしょう?そもそも偶然ふと立ち寄って、初めの門の前で飛びこんできた緑、緑に感激したのです。この間のコメント補足しなけりゃと思ってました。紅葉もピークと言いましたが、全体的にはまだ緑もあったり、でも、紅葉が進んだのが落ちてしまうと寂しい風景になるので・・。ワ~同じコースだ。今宮神社(ここの宮司さん知り合い)で、姪に玉の輿お守りを買いました。ネモフィラブルーさん、京都弁ウマイ、ウマイ(拍手)あきのさんのは、大阪弁?イエ人のことは言えない、実は、ワタシ、キョートベンハナセマセーン!
chiyomiサンの言われてるのは、大仙院かな?皆さんのブログ、ボチボチと見させてもらっていま~す。(どなたがどこにお住まいかごっちゃになってきているところです。)
(長くなってごめんなさい)

投稿: ムムム | 2006年11月24日 (金) 19時02分

あきのはん、それは大阪弁どすえ
「うらやましゅうおすやろ」
「はい、そのとおりどす」
ってとこでしょうか?ムムムさん。
最近は、ほんとの京都言葉を話されるのは、お年寄りと、祇園界隈の方くらいではないでしょうか。

投稿: ネモフィラブルー | 2006年11月24日 (金) 19時01分

いいところにお住まいですね。毎日が「わび・さび」わたしなど、三千院を見るために夜行バスに乗って苦労しましたわ。いやはや。それがどうです。すーっと、40分で到着。いやはや。「うらやましいでっしゃろ」「はい、その通りですねん」(この方言は正しいでしょうか?

投稿: あきの | 2006年11月24日 (金) 14時40分

とまとさんへ
京都は好きだけど、桜や紅葉の季節は、人の多さにいつも気力を失い、最近は行ってなかったのですが、やはり穴場があるんですね。
静かに、ゆっくり過ごせて感激しました。
若い頃は、京都に住んでいました。
とまとさんも京都とは縁がありそうで、どこかで、ニヤミスしていたかもしれませんね。

投稿: ネモフィラブルー | 2006年11月24日 (金) 11時00分

つれづれさん、京都は、よろしおすやろ。
いいとこ、たんとおすえ。
また、おこしやす。
こんな言い方であってる?ムムムさん。

投稿: ネモフィラブルー | 2006年11月24日 (金) 10時47分

素敵な写真にうっとりです。大きくして拝見しました。格子越しのまるで絵のような景色は 絵はがきにしたら素敵な便りが出せそうです。
chiyomiさんは 私も夜更かしなのか、早起きなのか聞いてみたいです。)^o^(

投稿: となりのとまと | 2006年11月24日 (金) 10時45分

chiyomiさんいろんな観光地に出没してますね。障子窓からchiyomiさんが「あらブルーさんおはよう」なんて手を振ってる姿を想像して、笑ってます。
またいずれ、ここも行きましたってコメントを期待して、近辺散策写真載せます。
ところでchiyomiさんいつ寝てるんですか?

投稿: ネモフィラブルー | 2006年11月24日 (金) 10時38分

どの写真も素敵~中でも、
格子越しに見る紅葉の写真には心がくぎ付けです!

投稿: つれづれ | 2006年11月24日 (金) 10時10分

ご主人とのおでかけがうらやましいchiyomiさんです。
今日も素敵な写真ですね。(^_^)v
息子が近くに下宿していた時、私も大徳寺に出かけ娘と写した写真があります。丸い窓から顔を出しているのを手前から写しています。これは大徳寺の何というお寺だったのかなとこの前からムムムさんの京都おすすめスポットで考えていました。

ムムムさん chiyomiさんのブログも読んでいただきありがとうございます。

投稿: chiyomi | 2006年11月24日 (金) 03時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 湖西の水鳥と白髭神社  | トップページ | 一泊置く »