« 水辺のお薦め喫茶店 | トップページ | 京都紫野へ »

2006年11月21日 (火)

湖西の水鳥と白髭神社 

昨日は少し時雨れる中、湖西を北に走り、30分。
ブーケを受け取って、帰りは湖周道路を、ゆっくり帰りました。
北へ来ると、山は錦織り成し、湖は冬鳥の群れが羽を休めています。
湖西の平日は人も車も少なく、岸も、湖も野鳥の楽園です。
静かな湖を眺め、野鳥の声に耳を傾けて、しばし忙しい日常を忘れ心が澄み切っていきます。
2006_11200003_1 Q_1
途中、高島の白髭神社によって、お参りをしました。
この神社には、三つの歌碑があるので、載せておきます。
解釈は自分で、お勉強してください。

 三尾の海に 網引く民のひまもなく 立居につけて 都恋しも
                                  (紫式部)

 しらひげの 神の御前にわくいずみ これをむすべば 人の清まる
                                  (鉄幹、晶子合作)

 四方より 花吹入れて 鳰の湖              (芭蕉)

この神社の鳥居は、国道をへだてて、湖の中にあります。
曇り空から日がもれて、美しい湖を一層美しく照らしていました。
2006_11200017_1

|

« 水辺のお薦め喫茶店 | トップページ | 京都紫野へ »

コメント

minigardenさんご主人はその後いかがでしょう。お忙しいのにコメントありがとうございます。ブログ読んでると、お忙しさが伝わってきます。
冬は、お花は一休みですが、主婦はいろいろと家族のために大変ですね。
そんな日々も、花や鳥は心和ませてくれます。それに、孫の写真もですね。

投稿: ネモフィラブルー | 2006年11月24日 (金) 00時10分

こんばんは。
初冬の寒さを感じさせるような
グレーがかった水辺が、なんとも言えず美しいですね。
今住んでいるところにも、白鳥の大群が毎年やってきます。
そう言えば実家のある北の町にも、川辺に白鳥がやって来ていました。
いろんなことを思い起こさせるネモフィラブルーさんの写真、
楽しく見させていただきました。

投稿: minigarden | 2006年11月23日 (木) 23時33分

北富さんへ
これは、小白鳥なので、それほど大きくありませんが、威圧感を感じるほどの白鳥の飛来を見てみたいものです。
こんなに毎日見ていても、電車にのると、私も、湖側に席を取ります。
出張がいろんな場所でいいですね。仕事でなければ、なおいいでしょうが。

投稿: ネモフィラブルー | 2006年11月23日 (木) 19時34分

右は白鳥ですね。秋田の出張が良くあるのですが先の近くが白鳥の渡り場所になっており間近に頭上を飛ぶとあの大きさには威圧感を感じます。無意識に身を屈めてしまう。
琵琶湖は大きいですよね。出張で琵琶湖畔を通る電車に乗るときは、湖側の席を取りズット眺めています。最近言ってないナー。

投稿: 北富 | 2006年11月22日 (水) 22時27分

ぴぴさんへ
琵琶湖も、環境問題では、いろいろ問題を抱えています。このゆたかな自然をいつまでもと、野鳥を見ながら思わずにはいられません。

投稿: ネモフィラブルー | 2006年11月22日 (水) 18時21分

oss102さんへ
古い言葉は勉強しなくてもわかるでしょう?
ムムムさんは、京都案内や、ハーブ案内をしてもらえる貴重な方ですが、今はブログを閉じてます。いつか、戻ってこられると期待していますが、こうしてコメントを寄せていただき、いろいろ教えてもらえます。
朝から、犬の救出を中継までしていますが、助かってよかった。ねっ。
まだまだ、日本はゆとりがあります。

投稿: ネモフィラブルー | 2006年11月22日 (水) 18時15分

misaoさんへ
misaoさんに鳥の写真を、誉めてもらうと、とてもうれしいです。
肉眼では、小白鳥の親子だと思っていましたが、アップにしてみて、黒いほうは、鴨だとわかり、自分の目よりは、賢いカメラで、ちょっとだけ見直しました。
岸にはたくさんシジュウカラ、むくどり、ジョウビタキ、ヨシキリなどがいました。
湖西は、野鳥の宝庫と言われています。misaoさんのおかげで、撮れなくてもいいから、顔だけでも覚えようと、この冬の楽しみが増えました。

投稿: ネモフィラブルー | 2006年11月22日 (水) 18時07分

白鳥&水鳥達のんびりしてきもちよさそう、琵琶湖の水きれいになったようですね。
散策もたのしいでしょう。

投稿: ぴぴ | 2006年11月22日 (水) 17時00分

ムムム、自分で歌の意味を勉強せよとか・・・ムムムといえば、ムムムさん、時折のブログ訪問ありがとうございます。ムムムさんのブログはないのでしょうか。
chiyomiさん、私も100歳までは遠慮したいのですが、病気はしたくなし、やはり交通事故に期待するしか(><)
先ずは楽しい今日と明日と明後日を考えて生きていきます。

投稿: oss102 | 2006年11月22日 (水) 14時25分

まるで海のように広々とした湖が、とても静かな雰囲気で素敵です。
水鳥たちの写真もとてもよく撮れていますね。
白鳥の横顔までばっちり見えるかと思えば、おしりを出している子がいて笑えます。
エサ採りに一生懸命なのでしょうね。
手前の方にとてもおしゃれなデザインのカモ(?)も見えますね。
の~んびりウォッチングしたら癒されるだろうなぁ・・・

投稿: misao | 2006年11月22日 (水) 11時50分

ムムムさんへ
冬の琵琶湖の湖岸は、どこを走ってもこんな風景を見られます。水鳥公園ならいろんな種類が一度にたくさん見られて、chiyomiさんの行かれた湖北が有名です。
北まで来なくても、草津の(湖東の湖岸)の水生植物園(風力発電の風車のところ)あたりから、湖周道路を琵琶湖大橋に向かう湖岸は多分びっくりするくらいの野鳥の大群に遭えます。
私が写したのは、湖西の安曇川の風車のある道の駅近くの湖岸です。人も少なく、休憩所もたくさんあり、静かで、岸の野鳥も多く見られます。
とまとさんのところで、知り合った方たち、楽しいでしょう。

投稿: ネモフィラブルー | 2006年11月22日 (水) 10時47分

chiyomiさんへ
花の写真も引き立ててくれる、このテンプレートの色は私も気に入っています。今日は、確かにコーディネートしたみたいですね。
ホントに滋賀へはよく来てるんですね
私より詳しいかもしれません。穴場を教えてください(笑)
そう言ってもchiyomiさん、白髭神社も長寿祈願の神様ですよ。
100歳までもの長生きは、遠慮したいのはやまやまですが、老人ケアの現状は、120歳も夢ではない。人の世話になって、生き続ける数十年。いつもケアセンターのお年寄りを見ながら、自分の老後は?と複雑です。

投稿: ネモフィラブルー | 2006年11月22日 (水) 10時22分

上の水鳥の写真は、水鳥公園からのスナップでしょうか。一度行ってみたいと思っていました。寒さの中でこういう景色を眺めると、リンと身が引き締まるような気がして、体験してみたいシチュエーションです。
この場をお借りして・・ネモフィラブルーさんのコメント欄からchiyomiさん、oss102さん、となりのとまとさんなどの方々(はじめまして)のブログも時折りですが見させてもらっています。

投稿: ムムム | 2006年11月22日 (水) 09時05分

ブルーさんの今日の写真をテンプレートがうまく引き立てていると感じました。
私が白髭神社に行ったのは去年の3月のことで、快晴でした。琵琶湖の対岸に伊吹山が雪をかぶっていました。
湖の色も早春の色でした。
同じ色の水鳥の風景は、湖北町の水鳥公園で見ました。同じように時雨れていました。
きょうはchiyomiさんも篠山まで片道40分でした。そろそろ晩秋の気配です。
それから、100歳までの長生きは遠慮したいと思います。(^o^)

投稿: chiyomi | 2006年11月21日 (火) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/127583/4263801

この記事へのトラックバック一覧です: 湖西の水鳥と白髭神社 :

« 水辺のお薦め喫茶店 | トップページ | 京都紫野へ »