« 白い蝶と青い蝶の花 | トップページ | サクラサク »

2006年11月 5日 (日)

ハヤトウリを味わう

misaoさんのブログで知ったハヤトウリ。
なんだかおいしそうで、育てやすそうで、探していたら、近くの農家の庭にいっぱい実っていて、ひとつ分けてもらうつもりが、あつかましく3個頂いてしまいました。
まず、半分に切ってみると、小さな種がひとつ。
スライスして、夕べの残りのポテトサラダをはさんで食べてみたら、サラダにきゅうりを入れてなかったせいもあって、みずみずしいショリショリ感と、フルーティーな香りがとてもマッチしておいしい。
きゅうりと、冬瓜と、カブを足して、若いメロンで割ったような、くせのない野菜?果物?
酢の物が合いそうだなと、柿なますを一品。
食べてみたかった、misaoさんのところで知ったマヨネーズ焼きを一品。ホタテを使ってアレンジしたけど、ベーコンやシーチキンでもあいそう。
きょうはついでに、紫蘇の実がたくさん採れたので、昆布のつくだ煮をことことと。
ハヤトウリは、想像どおりとてもおいしくて、こんどは冬瓜のように、和風のおだしで炊いてみようとか、きんぴらや、千切り大根のようにお揚げと炊いたり、ポトフにするのもおいしそうだし、きっと中華風の炒め物にもと、いろいろ意欲をかり立てる食材とわかりました。
農協の朝市に行くと、3個100円でうっているとのこと。
なんと安上がりなことでしょう。
千成うり、との別名がついているほどたくさん実るらしいので、misaoさんに教えてもらったとおり、一個保存して、来年一本植えることにしました。

11040002_1
ハヤトウリって?


                             11040014_3
柿なます
皮をむいて、スライスしたハヤトウリに塩をして、軽く絞り、ダシしょうゆを数滴たらしてなじませておく。
スライスした富有柿と、さっきのハヤトウリを甘酢で和える。

11040016_2 ハヤトウリのマヨネーズ焼き
皮をむいて、5ミリくらいの厚さで、一口大に切ったハヤトウリをさっと茹で、塩コショウして、マヨネーズであえる。
ホタテをほぐしてちらし、チーズをたっぷりかけてオーブンへ。

11040015_2 紫蘇の実こんぶ
昆布をもどして刻み、もどした水、砂糖、酢少々でしばらくことこと
充分柔らかくなったら、しその実をいれて、さっと煮てからしょうゆを加え、しばらくことこと。

|

« 白い蝶と青い蝶の花 | トップページ | サクラサク »

コメント

とまとさんこんばんわ
私は、misaoさんのブログではじめて知って、すごい興味があったのですが、ずっと前から知ってる人もあったんですね。日本は広い。マヨネーズ焼きってところが、特にこの野菜を?って感じですよね。
そうそう、あけびもとまとさんのレシピ通り作って食べました。なかなか歯ごたえがよく苦味もさほど気にならなかったけど、皮は絶対むいておくべきでした。
おとぼけの夫は、「苦いイカやな」と言ってました。確かに皮をつけたままだと、イカに似てました。
chiyomiさんやあきのさんからコメントいただきました。またともだちの輪がひろがりそうです。ありがとうごさいました。

投稿: ネモフィラブルー | 2006年11月 6日 (月) 19時38分

micoさんへ
ハヤトウリは薩摩隼人の隼人らしく、南のほうではよく食べるようです。
私達の年代には好まれる味のように思うので、ぜひトライしてみてください。

投稿: ネモフィラブルー | 2006年11月 6日 (月) 18時07分

こんにちは。
ハヤトウリは母が元気な頃、よく植えて食べていました。とにかく繁るので我が家の今の狭い庭では無理なので植えていません。せんなりウリと言うほど本当にたくさんなります。段ボールに何箱も・・・でもサラダやぬか漬け、煮物に炒めもの・・・クセがないので何でも美味しく頂けますネ。ネモフィラブルーさんは料理もお上手で、すごい!! マヨネーズ&チーズ焼きは食べた事がなかったです。私は緑のより黄色い方が柔らかくて美味しいような気がします。気のせいかしら? ココ(犬)が勝手に取ってシャリシャリ食べていました。

投稿: となりのとまと | 2006年11月 6日 (月) 11時58分

こんにちは
ハヤトウリ名前も実も初めてです、
なかなか美味しそうですね、
見かけたら買ってみようかな。

投稿: mico | 2006年11月 6日 (月) 11時38分

misaoさんへ
おかげで、ハヤトウリにトライできました。
まったく違ったタイプの調理法に使える、とても稀有な食材だと思います。
これからもっと広まっていきそうですね。
アドバイスありがとうございます。
そういえば、まな板がぬめっていました。
また、おいしそうなもの教えてください。

投稿: ネモフィラブルー | 2006年11月 6日 (月) 11時05分

ホーと思うと、すぐちゃらちゃらとコメントを書いてしまう私、ましてや上質のブログなんて云われると、ホントお恥ずかしい。
滋賀県は、今後10年人口が増え続ける唯一の県と云われる位、ここのところ人気があるようです。京都、大阪通勤圏の、湖と山に囲まれた自然豊かな土地柄でしょうか?
20年前に移り住んだ時は、不便さがかえって快適でしたが‥‥
とまとさんのところの会話が楽しくて仲間入りさせてもらってますが、私のところも、素敵なコメント寄せてくださる方が多く、いっぱいいろんなこと教えてもらってます。
これからも、気軽にお立ち寄りください。
私も、おしかけますのであしからず。

投稿: ネモフィラブルー | 2006年11月 6日 (月) 10時51分

すごいです!
これだけのお料理をささっと作られてしまうネモフィラブルーさん・・・
尊敬しちゃいます。
柿なます、彩がとてもきれいですね~
料亭に出て来る一品のようです。

ハヤトウリの下ごしらえをする時は、
ボウルに張った水に少しの間浸けておくといいですよ。
そうすると手やまな板や包丁につくベタベタがかなり解消されます。

投稿: misao | 2006年11月 6日 (月) 10時11分

勇気を出してコメントします。もしネモフィラブルーさんが声をかけてくださらなかったら出来なかったかも…と思いながら。
chiyomiさんは滋賀県が大好きです。付き合いは長いのですよ。二十歳の頃京都に住んでいましたので、比良山系や米原の近くの霊仙岳に度々出かけていました。当時は湖西線が開通していなかったのでバス利用でした。
兵庫県に住んでいながら県内でも行ってない所がいっぱいあるというのに、滋賀県のおおかたの所に行っている…JRの18切符や、おでかけパスのおかげです。(笑)
今日のブログに“紫蘇の実こんぶ”があります。chiyomiさんなら“紫蘇の実の炊たん”でお終いです。ブルーさんとchiyomiさんの違いがそこにあります。
ネモフィラブルーさんの上質のブログに触発され、う~んとうなりながらわたしの生活の質も向上できればうれしいと思います。

投稿: chiyomi | 2006年11月 6日 (月) 00時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハヤトウリを味わう:

« 白い蝶と青い蝶の花 | トップページ | サクラサク »