« 誘惑に負けた | トップページ | 遊びをせんとや生まれけん »

2006年11月11日 (土)

男の腕まくり

11080001  洗濯日和の朝。(2~3日前の事)
洗濯物を干し終わり、ベランダから降りかけて気づいた。
腕まくりをしたままの夫のシャツを、洗濯して、干してしまっていた。
私の知らない夫がそこにいる。

会社を辞めて、仲間と二人で新しい仕事をおこし、ようやく一年たった。
週にやっと一日の休日でも、幸い体をこわすことも無くここまでこれた。
脱サラなんてかっこいいものではなく、止むにやまれず決心したけど、たくさんの取引先の方々に助けていただき、従業員も5人に増えて、頑張っている。
会社では腕まくりして、仕事をこなしているのかな?
遅い夕食の晩酌のあと、いつもパジャマのまま、みどりと一緒にうたた寝する姿からは、てきぱき働く腕まくりの姿は想像できない。
男の腕まくりは、頼もしくていいな。

数十年ぶりに、ちょっぴりときめいた。

という訳で、きょうの
11110003
青い花々(60)

初恋草

どうも失礼いたしました。

|

« 誘惑に負けた | トップページ | 遊びをせんとや生まれけん »

コメント

ダックン
見てくださってありがとうございました。
ちょうど一周忌です。

投稿: あきの | 2006年11月14日 (火) 08時13分

マウンチョ!!さんへ
夫婦は口に出してはなかなか言えものです。云わなくても、すべてお見通しのようです。
ただ、いつも平和とは限らないので、そんなときこそ、いたわりあいたいですよね。

投稿: ネモフィラブルー | 2006年11月14日 (火) 01時07分

あきのさんへ
写真も記事も読ませてもらいました。
みどりの前に飼っていたアイリが亡くなったときの事を思い出してしまい、涙が出ました。
みどりは大型犬で、写真より随分大きく育ちましたが、子供の時は、ダックンによく似ていますね。もともとアイリッシュは、ダックスとなにかをかけ合わせて生まれたらしいので、顔がよく似ているのだと思います。
犬仲間からもっとブログに載せるように言われています。また見てやってください。

投稿: ネモフィラブルー | 2006年11月14日 (火) 00時59分

素敵な記事ですね。^^*
今、転寝している主人を見ながら読みました。
なかなか 本人には言えないことも 文字だと伝えられるんですよね。
洗濯物も ぱぱっと干してしまいますが、
「パパありがとう。。」って ミネフィラブルーさんのブログ読んで今つぶやいてます。。
気づかせてくれて ありがとうございます。^^*

投稿: マウンチョ!! | 2006年11月13日 (月) 23時28分

みどりちゃんの写真を拝見。
わたしのところにも似たわんこが去年の今ごろは生きていました。ぜひ写真見てください。
http://blogs.yahoo.co.jp/takino6525/folder/1059682.html?m=lc&p=28

投稿: あきの | 2006年11月13日 (月) 22時28分

chiyomiさんおはようございます
とまとさんに教えてもらって、7月7日の記事を読んできました。
他人様に話すことでもないのに、と少し恥ずかしかったのですが、chiyomiさんのもっと
率直な記事を読んで、とてもうれしかったです。こんな記事書いたと言ったら、まんざらでもなさそうな顔をしていたので、やはり口や文字で表すことは、相手にとってもうれしいことのようです。
子供と一緒で、亭主も褒めればもっといい亭主になるかも。お互い頑張りましょう。

投稿: ネモフィラブルー | 2006年11月13日 (月) 08時36分

とまとさんおはようございます
chiyomiさんの記事教えてくださってありがとう。
この年になってと、ちょっと恥ずかしかったのですが、お仲間がいてうれしかったです。
私達夫婦は、その後紆余曲折があり、ドラマティックな人生を送っています。
いつか書く勇気がでたら、書きます。と思わせぶっておきましょう。

投稿: ネモフィラブルー | 2006年11月13日 (月) 08時22分

ブルーさん、chiyomiさんもお父さんの作業服姿が大好きです。ついでにフェルメット姿も。
そして中学時代の初恋なんですか?
もううれしくなりました。
「息子二人と」と今日のブログに描かれたブルーさんの気持ちに、完全にまいっています。

とまとさん、ウフフフ?・・・chiyomiさんも読み返してみます。

投稿: chiyomi | 2006年11月13日 (月) 01時39分

そんな気がしていたけど、でも、ビックリです。初恋草ですね!!
chiyomiさんの 7月7日の記事を読んでみて下さい。ビックリしたわけが分かります。
ウフフフ。

投稿: となりのとまと | 2006年11月12日 (日) 22時25分

つれづれさんへ
そのハートを打ち抜かれたとき、コミックの主人公みたいに、さぞかし瞳に星がいっぱい輝いていたんでしょうね。
だだちゃさんの実写を知っているので、イメージしちゃいます。エヘヘ
なぜなんだろうな?
やっぱり男の人の頼もしさって、そういうところに感じちゃうんでしょうかね?
若いニート諸君!
明日から腕まくりして労働につきたまえ!
と言いたいですね。

投稿: ネモフィラブルー | 2006年11月12日 (日) 20時59分

ぴぴさんへ
夫婦は、云わなくてもわかることのほうが多すぎて、なかなか言葉には出せませんね。
いつも、一緒にいるから、かえって気づかないこともあるのかもしれません。
よその夫婦は皆仲よさそうに見えるものですよ。

投稿: ネモフィラブルー | 2006年11月12日 (日) 20時21分

oss102さんへ
お粗末さまでした!
この初恋草は、きのう室内に取り込んだばかりで、暗かったので、フラッシュが反射して、こんな色になってしまいました。
本物より青く写っています。
私は、カメラもパソコンもど素人で、何も考えずにカメラ任せなので、いいのか悪いのかよくわかっていないんですよ。
近頃の賢いカメラに感謝してます。

投稿: ネモフィラブルー | 2006年11月12日 (日) 20時06分

micoさんへ
支えになっていればいいのですが、夫婦はいつも、持ちつ持たれつってところでしょうか?
初恋草って、いろんな色があるんですね。
やっぱりブルーを選んでしまいます。

投稿: ネモフィラブルー | 2006年11月12日 (日) 19時46分

あきのさんへ
うしろについてたら、いい女房なんでしょうが、前にしゃしゃりでて、引っ張ってるかもしれません(笑)
みどりは、色も、ひびきも好きで、お気に入りの名前です。うちのみどりは、とても美人で、愛らしい性格です。
そちらのみどりさんもきっと。

投稿: ネモフィラブルー | 2006年11月12日 (日) 19時30分

とまとさんへ
あまり支えているなんて、思っていないんだけど、私も社会に出て仕事をした時、男の人はいっぱい大変なことを、我慢して家族のために働いているんだなーと感じたのです。
女性が働くことは、かえって夫を理解できる事だと思いました。
中学1年生のとき、はじめてとなりの席に座ったにきび面の、男の子が、今となりでお鍋をつついてます。

投稿: ネモフィラブルー | 2006年11月12日 (日) 19時24分

ネモフィラブルーさんの記事はいつもそうなんだけど
今日の記事は一段とすてきなエッセイだわ~
男の人の腕まくりには、ただでさえ 心がゆらぐのに
この文章にこの写真。
もう、やられたぁ~って感じです。
実は、つれづれ、だんなと初めて会ってドライブをした時
運転席でシャツを腕まくりして微笑んだ横顔に
ハートを打ち抜かれた女です。

投稿: つれづれ | 2006年11月12日 (日) 17時07分

何時も一緒の私・・・(27年・愚痴ばかり)
コメントを読み反省しなくてます。
違う角度から見るのもいいのかな?
同じ立場で・・・強くなりすぎた私
言葉に出せない私・・・難しいです。
ネモフィラブルーさんのやさしさが
ほしいです。

投稿: ぴぴ | 2006年11月12日 (日) 16時30分

ご馳走様でした。(^o^)
ところで初恋草の写真は本物ですか?造花みたいにきれいなブルーです。私のカメラ設定が悪いのか、ブルーのきれいな色が出ません。ブルーの花は大好きなのですが。

投稿: oss102 | 2006年11月12日 (日) 15時32分

微笑ましく拝見しました~
奥さんの支えがあってこそ頑張れるんですよね、
初恋草素敵です!!

投稿: mico | 2006年11月12日 (日) 14時20分

何とも温かな内容。うれしいですね。こんな奥さんが後ろについていることが。みどりちゃんというお名前、身近に感じるのは、わたしの長女もみどりだからです。

投稿: あきの | 2006年11月11日 (土) 23時22分

東京は雨の一日でした。洗濯物は部屋の中です。
ネモフィラブルーさんの気持ちは ご主人に届いていますね、きっと。自分の夢を支えてついてきてくれる奥さんですもの。
ご主人は初恋の人ですか?

投稿: となりのとまと | 2006年11月11日 (土) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/127583/4148065

この記事へのトラックバック一覧です: 男の腕まくり:

« 誘惑に負けた | トップページ | 遊びをせんとや生まれけん »