« 「オー クラビー」を食べよう | トップページ | アケビを食べたのは誰? »

2006年10月21日 (土)

いつも助けていただいて‥‥

昨日、ショートステイに両親を送る。
持って行く荷物の準備はいつも大変。あるべきところに入っていないものが多く、探し回ることから始まる。自分で夫の世話をしていると確信している母は、なにかと準備を手伝っているつもりらしく、いろんなところに、いろんな物が入れてある。
4年前、こちらへ呼び寄せたころは、まだ自分でたいていの事はできて、ちょっとひどい物忘れくらいだったが、これは大変と思う事件が起きたのは1年くらい前だったか。
洗面所の水を出しっぱなしにして、下の部屋にじゃじゃぶりになるほど漏らしてしまい、大変な迷惑をかけてしまった。まだ水でよかった。ガスや電気の事故だと、とりかえしがつかない。
かわいそうだけど、ガスと洗面所の水のバルブを閉めて、朝晩は、ヘルパーさんか私が入り、食事づくりや洗濯、洗面のときだけ開けるようにした。
初めは、上手くいったが、認知症が進むにつれ、母との知恵比べが続いている。
紙に書いて貼っても、鍵をかけても、使った形跡もないのに煮物が湯気をたててできあがっている。洗面所が使えないはずなのに、手洗いした洗濯物が干してある。
不思議な事件は数々あるが、本人は、ただただ自分がしなければという思いだけの様だ。そのように二人で、子供達が自立した後数十年もいたわりあって暮らしてきたのだ。
インプットされた、生活の基礎はちょっとやそっとで忘れない。
だましだましのこんな生活も、いつか限界がくるだろう。
両親の一番心穏やかに暮らせる方法は?とここまできたが、病状の違う老夫婦が離れ離れにならないで、最後まで暮らせるよう、たくさんの方々に助けてもらいながら、模索の日々。
施設の職員の数人の方々に「ブログ見てますよ」「隠れファンですよ」なんて声をかけていただいた。皆さんに暖かく支えられ、両親共々がんばってます。
いつもありがとうございます。
この場を借りて、湖西会の皆様、これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。
10210006 青い花々(50)
ヘブンリーブルー
数年前に壁いっぱい咲かせたけど、台風で倒れてえらいことになって以来、植えていない。ご近所できれいに咲いてたのでパチリ。
西洋朝顔は昼間咲いてていいけど、夏がきてもなかなか咲かないのが困るな。

|

« 「オー クラビー」を食べよう | トップページ | アケビを食べたのは誰? »

コメント

つれづれさんへ
つれづれさんの思ってるようだと、自分でもうれしいです。
ほんとは、泣いたりけんかしたりもあるけど、いつも後味が悪く、私で出来ることなら、やってみよう。そんな感じです。
そう、腕まくりして笑っている自分でいたいと思います。
できるかなー? 力かしてくださいね。

投稿: ネモフィラブルー | 2006年10月23日 (月) 22時26分

どうしてだろう?
画面のむこうにいるネモフィラブルーさんは
大きな課題を抱えているはずなのに、
私の頭の中に写る時は 腕まくりをして笑っているんですよ。
多分私もこれから、多くの先輩が歩いてきた道を
追いかけるようにして親達と歩いていくのだろうと思うのですが、
ネモフィラブルーさんのブログを見ていると、なんだか元気が出ます!


投稿: つれづれ | 2006年10月23日 (月) 16時53分

ぴぴさんへ
私の父もずっとデイケアに行くのを嫌がって、介護認定がおりてからも、3年は行ってくれませんでした。幸い本人が精神的にしっかりしているからそうできたので、だんだん人に迷惑をかける訳にはいかないと、分かってくれる人だったので決心してくれました。
行ってしまうと、すぐに慣れて、最近は楽しみにしているようです。
昔の男の人は特に、他人の世話になることに抵抗があるようです。
お姉さん本当にお体気をつけてほしいですね。長いスタンスで付き合わないと、いついつまでときりが決まってない、長い道です。
どうぞ、助けてあげてください。

投稿: ネモフィラブルー | 2006年10月23日 (月) 09時39分

masumiさんへ
両方のおかあさん孝行出来てよかったですね。さぞかし喜ばれたことでしょう。
日の出の琵琶湖は、たまに夫と一緒に朝の散歩で、畑から見ます。
その日、その日で美しさも違い、晴れた日は特にため息ものです。
朝、誘いに行こうか?
お二人ともまだまだお元気そうなので、ここしばらくは、大丈夫なのでは?
環境を変えるのは、考え物ですしね。
比良トピアの近くに風雅舎の施工したガーデンの雑貨屋さんが出来たそうです。知ってますか?とても素敵らしいので、一度付き合ってください。

投稿: ネモフィラブルー | 2006年10月22日 (日) 21時47分

micoさんへ
今は昔と違って、公的扶助の制度を利用できるので、だいぶん楽なのではないでしょうか。
文で読むとどうも立派そうに見えて、お恥ずかしい限りです。
疲れるほどがんばってないんですよ。
ブログ上で、皆さんに励まされて元気がでます。

投稿: ネモフィラブルー | 2006年10月22日 (日) 21時24分

minigardenさんへ
アルツハイマーはどんどん症状が進むらしいので、やはり施設に入られるほうがよかったと思います。
私も、姉や兄にも助けてもらっています。
いろんな形があるけど、要は誰もが心穏やかに暮らせる場所はどこかってことにつきると思います。
認知症の場合は、グループホームなんかに入るのも、母にとっては良さそうなのですが、父には向いてないため、うちの場合は、二人を離さないでというのが、難しいところです。見れるところまでは、がんばってみよう。施設に入るのはそれからでも、と開き直っているところです。
介護のことが、だんだんとわかってくるに従って、私達が老人になる頃は、どうなるだろうと思わずにいられません。
老々介護が当たり前になり、大きな負担が若い人にのしかかる。今のような制度が維持できるとはとても思えません。
うちの両親も、「子供に迷惑かけないように」というのが口癖でしたが、健康はいつまでも味方ではないし、どんな形の老後をおくれるのか?
なるようになるさ、とお花でも育てて笑顔で
いましょうね。

投稿: ネモフィラブルー | 2006年10月22日 (日) 21時17分

ムムムさんへ
うちの両親は幸いとても仲がよくて、時々父に叱られてめそめそしていることはありますが、少しすると、二人仲良く話したりしていて、心配するだけあほらしと思います。
二人を見てると、年をとるほど仲良くしないとなーというのが実感です。
認知症というと哀れなようですが、辛いことも、悲しいこともすぐ忘れてしまうということで、ありがたい場合もあるんですよ。
気丈な方ほど、本人も回りも大変かもしれませんね。
ほんとは、デイやショートを少しずつ利用して、助けも利用することに慣れていけばいいんだけど、男の人は特に嫌みたいですね。
でも、父のように、自分の思うように体が動かなくなったら、そうも言っていられなくなりました。
お互いに、これからが本番ってところでしょうか。

投稿: ネモフィラブルー | 2006年10月22日 (日) 20時35分

ぴよさんへ
文にすると、あまり恥ずかしいことも書けないし、やさしくみえるのだと思います。
実の親子は、言いたいことも言うし、父は母がもどかしく、叱ったりもして、情けないと思う事もたくさんあります。
いつも、きょうこそ、なにもとがめないで、微笑んでいようと、自分に言い聞かせているんですよ。でもこれがけっこう難しいんですよね。

投稿: ネモフィラブルー | 2006年10月22日 (日) 20時14分

こんばんわ。
ご両親、ショートステイに行ってらっしゃる時だけちょっとホッと出来ますね。
貴方が倒れたら大変だから、沢山の方に助けて頂いて、無理しないでね。
17,18日と主人の母と実家の母と私の女三人で、雄琴温泉の緑水亭に泊まりに行ってきました。 旅行には連れて行くのも大変だし、近くが良いと言うので、二人とものんびり出来て、すごく喜んでくれました。 
こんなこと、あと、何回してやれるかな、と思いながら、年取った二人が少しでも幸せな気持ちでいてくれるようにと願いました。
日の出が湖面に映り、滋賀にいながらはじめて見る美しさに感動しました。
主人は、部屋も全部空いたことだし、私の母を引き取ってやったら、と言ってくれますが
自分のことが出来ている間は、一人で頑張るほうが母の為でもあると思っています。
どっちの母もお互いの存在が、励みになっているようです。
自分も年とってくると、両親の世話が出来ることに感謝したいと思います。
同じ年代はみんな、親のことで問題抱えてる人ばかりです。
又色々教えてね。

投稿: masumi | 2006年10月22日 (日) 00時11分

こんばんは
頭が下がるおもいで読みました、
お疲れが出ませんように
お大事になさって下さい。

投稿: mico | 2006年10月21日 (土) 21時42分

こんにちは。
うちの義母がアルツハイマーで
お母様よりももう少し進んだ症状です。
去年、とうとう義母だけホームに入りました。
その前に夫婦間のバトルがひどくて。
(義母が義父に暴力。殴る・物を投げつけるののしる。追い掛け回す。
でも義母はまったく覚えてない。。)

人によるのかもしれないけど
他人を(盗った盗らないと)疑ったり、他人をののしったり
過去の不満をぶちまけたり、当り散らしたり、の症状がでるようですが
義母はかなりのひどさでした。
もとの性格が出る、ということもあるらしいです。
義父に対する過去の不満が、
病気で理性のコントロールができなくなって爆発するようです。
で、発作状態が終わったとたん、何も覚えておりません。
家事は、手順がわけわからなくなってるので
当然何一つできませんが
自分でちゃんとやってるつもりなので、
義父をまた怒鳴る。。。
気丈な義父は最初数年我慢していたのだけど
最後の方では、「お母さんに今電話してくれ。そうしたら、紛れるかもしれないから」
とよく私たちにも泣きついてきました。

近くにいる義姉がとてもよいホームを見つけて
入れたのですが、それもかなりすったもんだでした。
私たち夫婦は遠くに離れているので
たまに行くだけ、と電話・手紙だけで
そばにいる義姉(独身)と義妹に任せざるを得ません。
申し訳ないです。

ネモフィラブルーさんは、お近くにいらっしゃるので
私で言えば、義理の姉や妹の状態ですね。
お母様はお優しそうなので、
うちの義母の状態とはまた違うようですが。

まわりの皆さんにどんどん協力してもらってくださいね。
1人ではとてもとても。
ネモフィラブルーさんはえらいです。
ごめんなさい、長くなりすぎました。

投稿: minigarden | 2006年10月21日 (土) 18時01分

両親を見ていないわが身・一つ違いの姉長男に嫁ぎ、3年前父が病気になり1人で生活させるにはと姉が引き取ってくれた、昔から父の事は姉が見ると、義母がいる(少しまだらボケ)そんな姉が糖尿病になってしまった、苦労が耐えない姉どこからそんな力がでるのか
頭がさがる思いです。
少しの時間デイケアーの方にお世話になってくれればいいのだが、義母はいやがり行かないそうです。父と義母をかかえこれから先姉の体調も心配です、何が私に出来るのか、支えになりたいと思っています。携帯で姉の愚痴を聞く息向きになっています。どんどん愚痴をはいてと。

投稿: ぴぴ | 2006年10月21日 (土) 17時45分

こんにちは。
おかあさんは、きっと一生懸命なんですね。
「模索の日々」という言葉が胸に響きます。
実母の方のことで言えば、最近、同居の姉が疲れているようで心配になっています。
庭、里山等で、その都度、その都度チャンネルを切り換えて、気分転換してくださいね。
当方の「模索」は、姑への暴言等の舅に関してです。なんというか、今が一番微妙な時期で(と言えば、どういう意味かわかるでしょうか)、どれだけの所に相談に行ったことか・・。(それでも微妙な時期なので直接的解決になっていないのです。)
きれいな空色ですね。ご近所のフェンスにも、よく咲き出しています。やはり、真夏より今頃の方がよく咲く?夕顔もそんな気が。

投稿: ムムム | 2006年10月21日 (土) 16時45分

こんにちは。
ごめんなさい、最初から
涙が出ちゃいまして・・・打っている字がぼけぼけでして・・・。
ネモフィラブルーさんの優しさ、きっと
お母さんに、そしてお父さんにも伝わってますね!
どんな環境になっても、親が子を思う気持ち、そして子が親を思う気持ちはなくならないんですね。
いろんな方々に感謝するネモフィラブルーさんもどんな時でも、すごい人だなぁと。
ご自分の健康にも気をつけてお過ごしくださいね!

投稿: ぴよ | 2006年10月21日 (土) 14時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/127583/3905500

この記事へのトラックバック一覧です: いつも助けていただいて‥‥:

« 「オー クラビー」を食べよう | トップページ | アケビを食べたのは誰? »