« 天下の忘れん坊将軍 | トップページ | 種の起源② »

2006年10月27日 (金)

種の起源①

10210005 10250002 クリスマスローズに新芽が見えたので、写真を撮ろうとして、側にシクラメンらしいかわいい新芽を発見。こぼれ種が育ったらしい。
早速、ポットに植え替えたけど、こんな小さな苗が、花を咲かせるのはいつだろう?


10270001 向かいの奥さんにもらった子宝草の葉っぱ。
水につけておくだけで、根が出て、葉っぱが出てきた。かわいすぎるこの姿。
夫が「まさにクローンだな」
そうこの植物の別名はクローンコエ。
葉ざしや挿し芽で、私達は植物のクローンを実現させている。
「もっと子孫を増やすために、種をつくり、動物や、風に運んでもらって移動させたんだなー」
うちの将軍様は(もういいその話は!!!)、ときどきボソッと私の少ない知的興味を揺さぶる発言をしてくれる。
種の起源だ!!!
ダーウィンがどう言ったのか、本当の「種の起源」の意味は知らないけど、私は、植物の想いを汲みいれて、きょうも子孫繁栄を手伝ってあげよう。
「一粒の麦もし死なずば」と、夏のお花の種を集めています。

10250001 青い花々(52)
フェアリーベル
8月末に50円で買った処分品のひとつ。
もう咲かないかと思ったけど、このところの暖かさでちらほら。
ニーレンベルギアの改良種だろうな?

|

« 天下の忘れん坊将軍 | トップページ | 種の起源② »

コメント

となりのとまとさんへ
花が咲き出したんなら優秀だと思います。
うちは、5鉢のうち、2鉢は夏に根腐れしてしまいました。
植え替えて新芽が出始めると、とってもうれしいものですね。
花芽まで動いているなら、植え替えはしないほうがいいかもしれませんね。
気温が下がって、肥料をやっていたら元気ななるにでは?

投稿: ネモフィラブルー | 2006年10月28日 (土) 22時56分

micoさんへ
シクラメンの赤ちゃんかわいいでしょう。
エールを送ってやってください。
ちゃんと大きくなれるかなー
処分品の50円シリーズ(5種)は暖かいせいで、皆元気に育ちました。
お得でした。

投稿: ネモフィラブルー | 2006年10月28日 (土) 22時11分

シクラメンの植え替えを、どうしよう・・・と思いながらそのままに放置していたら、栄養失調状態の花が咲き始めました。去年のあの美しい花弁に比べたら可哀相なくらい貧相で・・・反省しています。今から植え替えたら遅いですか?

投稿: となりのとまと | 2006年10月28日 (土) 18時23分

シクラメン健気ですね
エールを送りたくなりました
子宝草以前育てていましたが
寒さで消えてしまいました~
ニーレンベルギアの新種はじめて知りました
50円はお買い得でしたね(笑

投稿: mico | 2006年10月28日 (土) 10時26分

北富さんへ
どうしましょう、明日の朝、太陽が西から昇ったら?
シクラメンは案外種もできるし、園芸の本には種から育てる方法も出ていますが、こぼれ種で育つのは珍しいかもしれません。
夏越しも、日蔭の涼しいところで、ときどき水をやり、球根が腐らないように気をつければ、葉が枯れても、9月に植え替えをして、年が明けてから花を見られます。
寒さに強いガーデンシクラメン(今たくさん出ている小さい花のタイプ)ならほとんど失敗なく夏越しできますよ。
子宝草は、明日にでもお向かいの親株の写真を撮ってきます。花はまだみたことありませんが、カランコエと同じ種類らしく、よく似た葉っぱと、姿です。
ところで、クランベリーは、やはり今頃が収穫時期だそうですよ。

投稿: ネモフィラブルー | 2006年10月27日 (金) 23時46分

シクラメンは一冬の花の時期しか育てられない私には「シクラメンの新芽」は、太陽が西から昇るほどに驚きです。感動です。
クーロンコエこれまた珍しい。これの成木(草?)はどんな形をしているのですか?非常に興味があります。

投稿: 北富 | 2006年10月27日 (金) 23時10分

クリスマスローズは、本当に魅力的な花だけど、種類も多く、まだよく育て方を知らないので、今年の課題です。昨年は、白がきれいに咲いてたので、今年はピンクを是非と思っているのですが‥‥
リニューアルオープンされる日を楽しみに待っています。
お舅さんや、お姑さんのお世話であまり無理されないようにね。お互いあせらずがんばりましょう。
これからも遊びに来てくださいね。

投稿: ネモフィラブルー | 2006年10月27日 (金) 23時09分

このように、思わず鉢などに可愛らしい新芽を見つけると、本当に感激ですよね。
クリスマスローズも、やわらかな緑色のハッパを出し始めて、本当にこれから楽しみです。
当方のブログ、保留のままにしておくつもりでしたが、いつまでも「空き家」状態が気になってきたので、一度閉じることにしました。また、新たにスタートする時には、知らせていただきますので、その節には訪問してください。引き続きお邪魔します。

投稿: ムムム | 2006年10月27日 (金) 10時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/127583/3970039

この記事へのトラックバック一覧です: 種の起源①:

« 天下の忘れん坊将軍 | トップページ | 種の起源② »