« 「からけし」って知ってる? | トップページ | 仮面ライダーの親子? »

2006年10月15日 (日)

映画「博士の愛した数式」

ブログを休んでいた間に、忙中閑ありと、DVDを借りた。
字幕はちょっと、億劫だったので、邦画を2本。
フィンランドと小林聡美に魅かれて「かもめ食堂」と、原作がとてもおもしろかった「博士の愛した数式」。
小林聡美は、いつもどおり、期待通り。北欧が舞台のせいなのか、北欧っぽく演出してあるのか、ヨーロッパの香りのする、すてきな映画でした。特にプールのシーンは好き。
「博士の愛した数式」は期待以上で、私の中では、「笑いの大学」、「パッチギ」と並ぶ最近の邦画ベスト3かな。
若い頃に読んでたら、ぜったい数学に興味をもったに違いない、と思われる原作ほどの面白さはないにせよ、吉岡秀隆の先生役は、まだまだこんな清潔で、新鮮な役が似合うんだと感心した。
「北の国から」の純(上京以降)も、寅さんの甥っ子も、Drコトーも、「3丁目の夕日」の物書きも、年も役柄も違うのに、彼の演ずる人物は、どれもどこか似ていて、ちょっと不満だったが、そのもやもやがすっと晴れたような気がした演技だった。
数式に人の想いが重なって、 まるで美しい日本語のように、数字が美しい。
それにしても、「√はすべての数字を受け入れる、君は√だよ」の台詞は、双方の愛情が満ちていて、あたたかい。

今朝、近くのコスモス畑が満開だったので、夫とみどりと一緒に散歩。
土手からみどりもコスモスを見ています。夫は花の陰で、ちょうど見えません(よかった?)
10150001_110150003_1

|

« 「からけし」って知ってる? | トップページ | 仮面ライダーの親子? »

コメント

ムムムさんこんばんわ
私もけらけら笑いながら、NHK見てました。そして、最後はもらい泣きしてました。
高島針江地区は、今森さん監修NHKスペシャル「里山いのちめぐる水辺」で放映され、何度か再放送もされました。たまたま2度見ましたが、録画し忘れたので、もう一度やってほしい。
「かもめ食堂」見てたんですね。京都はいろんな映画やってくれていいですね。
やはり映画は映画館で観たいものです。

投稿: ネモフィラブルー | 2006年10月17日 (火) 00時03分

つれづれさんこんばんわ
そういえば、数に強いつれづれさんは、私達よりもっとおもしろいかもしれません。
コミックもだけど、本もだんだん読まなくなっています。目が疲れるせいもあるし、面白くなるまで我慢して読む根気がどうもなくなってきました。その点、映画は5分も我慢したら、大概おもしろくなるので、専ら映画人間です。
コスモスは全国的に同じ頃に咲くんですね
そちらは、そろそろ木枯らし一番なんて吹くんじゃないですか?冬が長いぶん、春が待ち遠しいのでは?

投稿: ネモフィラブルー | 2006年10月16日 (月) 23時15分

misaoさんこんばんわ
コスモス、マーガレット、ポピーの群生って
いくつになってもあこがれです。
コスモスの、白、ピンク、紅の種を蒔くのって、同量づつじゃないそうですね。きれいに見えるバランスがあるらしい。どういう割合なんだろう?
原作を読まなくてもいいのでは?
それぞれ別物だから、充分おもしろいと思います。映画を見てからゆっくり原作読むのも楽しいですよね。
小林聡美は、一度ぜんぜん違う役をやってみて欲しい気もします。

投稿: ネモフィラブルー | 2006年10月16日 (月) 23時01分

コスモス、とても素敵です。土手から見下ろせていいロケーションですね。
かもめ食堂、しばらく前に新聞で(私も全く同じく)「フィンランド」「小林聡美」を見て、(めったに映画館も行かないのに)咄嗟に決めて京都シネマまで行って見ました。見ようとした時間帯は既に満席で、次のを確保して他で時間をつぶしてみました。ほんわかとして、よかったです。
先週と今日、NHKの「鶴米の家族に乾杯」で高島市が舞台だったので一生懸命見てました。今森氏の本にもあった針江と棚田もでてきてラッキーでした。

投稿: ムムム | 2006年10月16日 (月) 21時36分

ネモフィラブルーさんのコメントのお返事を書いたあと、
こちらに来たら、私の悩みは解消されました。次に読む本、決定!
ありがとうございました。
気になっていた本でしたが、新刊文庫のうちはなかなかBOOKOFFにでてこないので、そのままになっていました。そろそろ売っているかも・・・さがしてみます。
全国的にコスモスが美しい季節になりましたね。仙台でも風になびいていますよ~。

投稿: つれづれ | 2006年10月16日 (月) 16時58分

見わたす限り一面のコスモス畑、きれいですね~
うちの近所にも休耕田にコスモスを植えている場所がありましたが、今は工事が入って大きな貯水池になってしまいました。
金網に囲まれて味気ないスペースになりました。

「博士の愛した数式」私も観てみたいと思っていました。
やはり原作から先に読んだ方がいいのでしょうか?

小林聡美は私も大好きな女優さんです。
のほほんとした雰囲気と自然な演技がいいですよね~

投稿: misao | 2006年10月16日 (月) 13時16分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「博士の愛した数式」:

« 「からけし」って知ってる? | トップページ | 仮面ライダーの親子? »