« カリフォルニアローズテーブルフィエスタ | トップページ | 息子二人と »

2006年10月31日 (火)

井上由美子さんの脚本

井上由美子さんの脚本というだけで期待してしまうのに、TVドラマ「14歳の母」を見損なっている。
あまり、TVドラマは見るほうではないし、特にNHKの朝の連続ドラマは、はまったことがなかったけど、「ひまわり」(松島奈々子主演)だけは一度観てはまってしまい、毎日続きを待つほどだった。
とにかく台詞に、リアリティがあるのと、とても、登場人物が魅力的で、そうそうと、うなずきながら観ていた。
そのころは、脚本家は誰かな?くらいだったけど、フジテレビの「きらきらひかる」がおもしろいと娘にすすめられ、これまた完全にノックアウト。
これは特に、配役もすばらしかった。(鈴木京香、松雪泰子、小林聡美、深津絵里)。
好きな女優さんたちが、かっこいい女性を演じる。わくわくして観ていた。
井上さんのその後の大活躍は期待どおりで、「GOOD LACK」「白い巨塔」などへと続いている。
社会に疑問を投げかける姿勢がいつも伝わってきて、それを読み解く楽しさも好きな要因だと思う。
「14歳の母」はニュースと同じ時間で忘れてしまう。録画するほどのまめさが無いので、困るな。ミスチルの歌うテーマも聞けるのに。明日は水曜日って、覚えておかなくちゃ。

青い花々(54)
10270006 アスター
近くの私の大好きな庭のレンガ塀に、垂れるように咲いていました。
こういう咲かせ方もきれいです。

|

« カリフォルニアローズテーブルフィエスタ | トップページ | 息子二人と »

コメント

misaoさんへ
自分が特別好きなものに、共感してくれる人がいるって、すごくうれしかったです。
「きらきらひかる」続編作って欲しいですよね。この配役ではもう無理かなー
4人ともいちだんと素敵な女優さんになってるし、もっと大人になった彼女達をどう演じるのか見てみたい気がします。
私は、ミスチルの桜井さんも、井上さんの脚本が好きなんだと秘かに信じているのですが‥‥
「14才の母」は題名からして、重そうですね。
この重いテーマをどう進めていくのだろうと、ちょっと興味があります?

投稿: ネモフィラブルー | 2006年11月 1日 (水) 21時40分

masumiさんへ
きょうは朝早くから、夫の仕事のついでに富山に行ってました。
息子たちや、Oちゃんに逢って遊んできました。ずいぶん大きくなっていて驚くと同時に、かわいさ倍増でした。
誘おうと思っても、なんだか何かと予定が入り、申し訳ないです。
私も、先日おうちを覗いたけど、お留守みたいでした。先に決めてしまわないとだめですね。絶対近いうちに行こう。
「デスノート」見たいんだけど興味ない?

投稿: ネモフィラブルー | 2006年11月 1日 (水) 21時08分

ぴぴさんへ
年のせいかTVは最近あまり、見たいものがなくなりましたね。トップランナーは私も好きで、よく見ます。元気もらえますよね。
さすが、東京は芸術的環境に恵まれていていいですね。

投稿: ネモフィラブルー | 2006年11月 1日 (水) 20時56分

私も「きらきらひかる」大好きでした!
あれは面白かったなぁ・・・
本当に配役が良かったですね。大好きな女優さんばかりでした。
そういえばあのドラマもテーマソングはミスチルでしたっけ・・・

「14歳の母」は初回だけ見ました。
最後の方でいっきに重くなってしまって、二回目から見ていません。
最近、出演者が眉間にシワを寄せているドラマがどんどん苦手になっていて・・・
アッケラカンと笑えるドラマばかり見ています。
観て行くときっと良くなるドラマだとは思うのですが、テーマが・・・ちょっと重い。

投稿: misao | 2006年11月 1日 (水) 12時56分

おはよう。さっき電話したけどお留守みたいだったから。
将軍様のお話、おかしかったわ。いつも聞いてはいるけど、ほんの一部だね。
お二人の顔が浮かんで、声に出して笑ってしまったわ。 でも、心配しないで、うちも、将軍様と家老がいるから。
秋らしくなく暖かいし、夏のお花がいつまでも元気で、なかなか植え替えが出来ません。
時間出来たら、お花屋さん連れて行ってね。
ナカエガーデンさん、行ってみたいわ。
よろしく。

投稿: masumi | 2006年11月 1日 (水) 10時58分

こんにちは
テレビの連続ものは最近観ませんね。
みるとしたら・トップランナードラマではない(主人公の方が何かに打ち込む)感動の番組です。舞台はオペラ座の怪人を2度も観てきました。とても良かったです。もう一度観たいな。

投稿: ぴぴ | 2006年10月31日 (火) 16時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/127583/4017780

この記事へのトラックバック一覧です: 井上由美子さんの脚本:

« カリフォルニアローズテーブルフィエスタ | トップページ | 息子二人と »