« 里山の小さないきもの | トップページ | 大成功のサマーウェーブ »

2006年9月19日 (火)

ウェディングブーケのプレスフラワー

09110014_1 5年前に、ブーケを押花にする教室に通っていた。
そこで、教えていただいた先生や、生徒さんと、気が合って2年ほど、ブーケ以外のいろんな事を教わったり、遊びに行ったり、神戸や、京都を行ったり来たり、私にしてはちょっとシティー派な生活をしていた頃がある。
それぞれ、年代は変わらないのにキャリアを積んで、バリバリ仕事を続けている彼女達、おまけに美人。皆、若いときから、ずっと仕事をがんばってきて、今がある。
自分の半生もそれなりに納得してるけど、あこがれる人たちだった。
そのころからのお付き合いで、時折、彦根のお花屋さんのウェディングブーケを押花額に仕立てている。
写真のブーケは、挙式三日後に送ってきたため、相当お花が痛んでいた。
いいとこどりして、色付けして、再現する。新鮮なお花だともっときれいにあがるんだけど、とちょっと言い訳しておいて、載せてみました。

今朝は、真っ赤なガーベラとバラのラウンドブーケを預かりました。

09170044_1  青い花々(37)
サルビアアズレア
里山の花壇は、ちょとだけあこがれの空色ガーデンに。
その美しすぎる空色と、お行儀の悪さが、なお一層の魅力を放つ。
この時期を待ち焦がれた私のベスト1は今朝登場です。

|

« 里山の小さないきもの | トップページ | 大成功のサマーウェーブ »

コメント

コーラルさんへ
仕事としての押花と、自分で作りたい押花は、ずいぶん趣が違うのですが、それぞれの面白さがあります。
京都も、神戸も観光客が多いのは閉口しますが、何度行っても、飽きないところです。
私のブログにコメントくださるムムムさんは、京都に住んでいらっしゃって時々京都情報も載っていて楽しみにしています。
私も、桂離宮は一番好きな、スポットです。

投稿: ネモフィラブルー | 2006年9月21日 (木) 09時11分

こんばんは。
ブーケの額絵、とってもステキ!
立体的なんですね。私は、未経験です。
それから、神戸、京都。どちらも憧れの場所。
神戸は、あの大震災の前に、異人館を歩き回ったことがあります。ものすごく影響を受けました。
そして、京都は、どうしても行きたいところが・・・。
桂離宮ですが、申し込んだら、形式が違うとのことで、却下。ガイドブックの通りに書いたのに。と、それっきりになってしまいました。今は、余裕がないですが、いつか必ず・・・。

投稿: コーラル | 2006年9月20日 (水) 20時09分

ぴぴさんこんにちわ
最近の結婚式は、本人同士(特に女性)のこだわりがあって、ずいぶん多様になったそうです。ブーケもいろいろで、送って来るたびに感心してしまいます。
自分の時は、どうだったかな?
だいたいアレンジの教室なんてあったのかなー?
歳とるほど、お互いいたわりあえたらいいですね。こころがけなくっちゃ。

投稿: ネモフィラブルー | 2006年9月20日 (水) 14時29分

おはようございます
久ぶりに連休で天気も良く
のんびりパソコンの前に座っています。
真っ青な空心地よい風、つかの間の時間
結婚式にウエディングを着ず和風で
今思えば、その時だけの素敵な衣装だったのに残念です。
(お金もなく着れなかったの)
この歳になっては・・・です。
ウエディングブーケの押し花一生の思い出
いいねすね。結婚30年やさしさが無く
なってきた自分・・・反省かな。

投稿: ぴぴ | 2006年9月20日 (水) 11時03分

micoさんお帰りなさい
早速コメントありがとうございます。
もとは、好きなお花をきれいなまま残せないかと始めた押花です。
ここのお花屋さんのブーケが、かわいくて、いままで続いています。

投稿: ネモフィラブルー | 2006年9月19日 (火) 23時05分

ムムムさんこんばんわ
ボックセージも大好きですが、これは、ラインも花の色も、おとなしめです。素敵な空色でしょう?
ブーケを押花にすると、花によっては、とても汚い色になるため、元の美しさが損なわれてしまいます。なるべく元のブーケを再現するためと、いつまでも色あせないために色づけするやり方です。空気も抜かないで、立体感を残します。
ただし、これはブーケだからで、他の作品をつくるときは、自然の色が、きれいにでる花を選んでつくることが多いです。押花もいろいろやり方があるようです。
いつか私の創作のハーブのクラッチブーケも載せてみたいと思っていますが‥‥‥

投稿: ネモフィラブルー | 2006年9月19日 (火) 22時39分

つれづれさんこんばんわ
ブーケは依頼されてつくるので、自分の好きに作るのとは、違うのですが、元のブーケを再現させると言う意味では、おもしろい仕事です。
特別の想いがあるこの空色は、実際は、画像で見るよりもう少しシックな色です。青色ではなく空色。つれづれさん素敵に表現してくれて、その通りだと思いました。
今朝TVで、欅並木と地下鉄の件で仙台が話題になってました。話の内容より、そのへんにつれづれさんが歩いてるんじゃないかと、つい思ってしまいました。

投稿: ネモフィラブルー | 2006年9月19日 (火) 22時12分

こんばんは
素敵なウエディングブーケ!!
何度も繰り返し見てしまいました、
なんでも器用にされるんですね、
尊敬します。
サルビアアズレア初めてです
素敵な花色ですね、

投稿: mico | 2006年9月19日 (火) 19時02分

おはようございます。
花の写真を見たときに、一瞬ボッグ(orポック?)セージかと思いました。でもこれは既に空色ガーデンに登場してましたものね。空色の美しさに感動します。
初めて聞く名前です。
ブーケの押し花、色合いもすごく素敵です。プロとしての作品なんですね。何も知識がないのですけど、立体的に見えますし、色づけして再現とありますが、所謂圧縮しての押し花方式ではないようですが。
前のコメントに書かれた、おすすめのスポット楽しみにしています。

投稿: ムムム | 2006年9月19日 (火) 11時04分

なんてステキなウエディングブーケ!!!
(*⌒▽⌒*)受けとった方の笑顔が、見えるよう・・・。
ネモフィラブルーさんは、多彩な方なんですね。
『サルビアアズレア』 初めて知る名前です。
「空色」という言葉はこの花のためにある?
ネモフィラブルーさんが待ち焦がれた・・・
というのがよくわかります。
小さな花壇に押し込めてはいけない里山の「青」
そんな気がしてきました。

投稿: つれづれ | 2006年9月19日 (火) 10時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/127583/3462459

この記事へのトラックバック一覧です: ウェディングブーケのプレスフラワー:

« 里山の小さないきもの | トップページ | 大成功のサマーウェーブ »