« 青い花々(28) | トップページ | 秋めく里山 「棚田と比良」 »

2006年9月 1日 (金)

アイリシュセッターと暮らすわけ

09010009  5年前、1番下の子が大学に進学し、うちをでて、夫婦二人のくらしにもどり、しばらく飼っていなかった犬でも飼いたいなと思っていた頃だった。
ある日、引き寄せられるように、近くのペットショップに立ち寄って、アイリと逢った。

犬に詳しくない私は、始めて見るそのきれいな毛並みとやさしい表情にひかれたのもあるけれど、3歳の成犬とはいえ3万円の値段はなぜだろう?
両親がチャンピオンで、繁殖用に入れたにもかかわらず、子供が出来ないらしい。狭いケージの中をグルグル歩いている姿があわれになり、その場で、「連れて帰ります」と言ってしまった。
名の示すとおり、アイルランドの猟犬で、なにより走るのが好きなんてことは、あとで調べてわかったのです。
閉じ込められていた3年間を取り返してやろうと、土日は、車で、山や、琵琶湖畔に連れて行き、自由に遊ばせてやり、だんだんアイコンタクトもできるようになり、家族になった。
自然の中で、シンプルに暮らしたい。
アイリのいる暮らしは、私達の価値観をどんどん変えていった。
アイリは3年しか、生きられず、私達の腕の中で亡くなったけど、きっと幸せだったよね?

アイリッシュセターの、人懐っこく、やんちゃな性格が大のお気に入りで、夫は、しばらく落ち込んでいたにもかかわらず、ネットで、みどりを見つけてきたのです。
これまた、両親がチャンピオンの立派な家系のお嬢様だけど、はじめて他人に譲るので
かわいがってくれる人にということで、福岡の大村さんに譲っていただきました。
ショーに出すつもりはまったくなく、ただただ野山を元気よく遊んでくれればいい。
夫は、朝5時半に起きて、みどりと一緒に里山に散歩にいくのが日課です。
きじやウサギを追いかけ、猿におびえ、れんげ畑や、雪の原を駆け回る。
里山にいくと、かえるも、へびも、ばったも、近くの畑や田んぼのおじちゃん達も、皆みどりのお友達です。

昨日あたりからすっかり秋めいて、里山も秋色に。
またお弁当持って、みどりと過ごす楽しい季節の到来です。

09010001  青い花々(29)
 シコンノボタン

種を買いにいった園芸店で、小さな株を購入。
ちょうど、今植え替えておけば晩秋まで咲きますよと言われ、二回り大きな鉢にうえかえました。小さい株も一人前に。

|

« 青い花々(28) | トップページ | 秋めく里山 「棚田と比良」 »

コメント

コーラルさんありがとうごさいます
文章書くのは、とっても難しく、簡潔に人に伝えられるって、至難ですよね。
ど下手と思っているので、ほめられるとうれしくて調子にのってしまいます。
うちに比べると、とってもおしゃれな田舎暮らしで、コーラルさんのような生活はうらやましいかぎり。
いろいろ情報教えてもらってますので、これからも期待してます。

投稿: ネモフィラブルー | 2006年9月 5日 (火) 07時55分

こんばんは。コメントありがとうございました。お返事を書きながら、今日のブログのテーマにしてしまいました。
アイリちゃん、絶対に幸せだったと思います!!
我家には、猫が4匹います。すべて迷い猫たちです。最初の猫(溺愛していた)がいなくなってから、もう絶対に飼わない!って言っていたのですが、出会ってしまったからには・・・です。
ネモフィラブルーさんの文章、とっても好きです。

投稿: コーラル | 2006年9月 3日 (日) 20時50分

北富さんコメントありがとうございます。
これは何の花?なんて書いてあると、ついついでしゃばる性格で、コメントしてしまいましたが、ブログまで見てくださってありがとうございます。
パソコンも、カメラも、ブログ開いてしまったから勉強しなくちゃという状態で、皆さんのブログを見てため息の日々です。
こちらこそよろしくお願いいたします。

投稿: ネモフィラブルー | 2006年9月 2日 (土) 09時08分

つれづれさんおはようございます。
職業についてのぶしつけな質問失礼いたしました。詳しいお答え、重ねて申し訳ありませんでした。でも素敵。能力のある人は、絶対社会に貢献してください。心から応援しています。
私も毎年、”これは冬越しが室内だな”と思って、あきらめていたものが多く、シコンノボタンも今年初めて買いました。
最近は、物置になっている子供の部屋を今年から、鉢物の越冬室にしようと思っています。

投稿: ネモフィラブルー | 2006年9月 2日 (土) 08時50分

ブログに訪問いただきありがとうございました。
ネモフィラブルーさんのブログ拝見いたしました。心が温まる感じがいたします。ほとんどが私の知らない花達でした。勉強をさせていただく良い機会と思い、お邪魔させていただきます。今後とも宜しくお願いいたします。
犬、花の話はまた日を改めまして。

投稿: 北富 | 2006年9月 2日 (土) 00時07分

アイリッシュセッターがどんな犬なのか、犬について、すべてに無知な私ですが、
あいりさんもみどりさんもネモフィラブルーさんのお家で暮すことができて、幸せですね。自然のなかで暮すという、昔は普通だった生活が、今では難しくなってきていますもの・・・・。
里山の美しい秋、ぜひ紹介してください。
体は飛んでいけませんが、心はいつでも、自由です。
シコンノボタン、毎年、見ると欲しくなる花です。でも、東北では屋外で冬ごしができないのであきらめています。あきらめることの多い冬がすぐそこまで来ている宮城です。
昨日から、夏ぶとんに毛布が一枚加わりました。

投稿: つれづれ | 2006年9月 1日 (金) 19時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/127583/3279690

この記事へのトラックバック一覧です: アイリシュセッターと暮らすわけ:

« 青い花々(28) | トップページ | 秋めく里山 「棚田と比良」 »