« ウェディングブーケのプレスフラワー | トップページ | 琵琶湖畔の夕暮れに »

2006年9月20日 (水)

大成功のサマーウェーブ

09190003_1 青い花々(38)
サマーウェーブ

8月の末頃に、種を買いに行った店で見つけた、処分品のサマーウェーブ。
50円の値段に下げられ、短く切り詰められ、お花も蕾もなかったが、育ててみたい!
いつもこういう苗を見ると、がぜんファイトが湧く。
ミリオンベル、水辺のトレニア、ブルースター、フェアリーベル、アメリカンブルーも全部かわいそうな状態で50円均一。
そのアメリカンブルーとブルースターはすごい速さで大きく育ち、青い花々に登場し、いまも、涼しげに咲いています。
サマーも終わったけど、きれいに咲いたのできょうはサマーウェーブです。
09190008_1
意外に日のあたる夏の北側です。
キッチンの窓から見えるアイビーゼラニュームは何年もほったらかしなのによく咲きます。
イエローオレアンダー(つれづれさん名前調べていただいてありがとう)も夏中よく咲いてくれました。
そして、まだまだがんばってるポーチェラカ。

|

« ウェディングブーケのプレスフラワー | トップページ | 琵琶湖畔の夕暮れに »

コメント

ありがとうございます。
コメントを読んでいたら、
なんだか、気持ちがすっきりしてきました。
(^.^)

投稿: つれづれ | 2006年9月23日 (土) 12時18分

つれづれさんこんばんわ
きっと植替えてたら、人件費と、原材料費がかかって、損になるんでしょうね。それに少しシーズンが遅れると皆買わなくなちゃう、消費者はきまぐれ。
つれづれさんお仕事するって、いろいろな???が出てきますよね。
私は、20年ぶりに仕事をした時、言いたいことが言えてきたのも、したいようにしてこれたのも、この家にいたから、この夫だったからで、社会には自分の価値観でははかりきれない、納得できない事柄が多すぎると感じました。
声に出して言えないけど、ぜったいおかしいって心の中で叫んでる。
そういうことに気づかされることも、社会に出た意義があるのでは?それも最初の一歩では?同じように感じているのも自分ひとりではなかったとだんだん解ってきたのです。
ピュアな気持ちいつまでもと応援しています。

投稿: ネモフィラブルー | 2006年9月21日 (木) 21時36分

micoさんへ
安く買って、きれいに咲くととても得した気分になります。
育てるって、いかに環境に左右されるのかってよくわかります。
だんだん寒くなり、お花にとって厳しい環境がやってきます。淋しいですね。

投稿: ネモフィラブルー | 2006年9月21日 (木) 19時48分

ネモフィラブルーさんちの「うちの子になりなさいサマーウェーブ」すくすくと育ってすっかり、空色王子様ですね。『幸福の王子』のサファイアの瞳みたいですよ・・・50円なんてなんて失礼な!ねぇ。
(あっ!ムムムさんだ!こんばんは~m(__)mつれづれもおじゃましてま~す)
捨て値処分品の花たちだって、HCで、植え替えて売れば苗もお店もラッキーなのに・・・。私が店員なら、陰でこっそり植え替えるかも。でもって、次の日にはクビ?

投稿: つれづれ | 2006年9月21日 (木) 17時33分

ブルーの花色に引き込まれそうでした~
復活させてもらってお花も喜んでる様ですね
アイビーゼラニウム斑入りの花が素敵!!
愛情を一杯もらってネモフィラさんのお家に来たお花は幸せですね。

投稿: mico | 2006年9月21日 (木) 10時24分

ムムムさんおはようございます
青い花々をやってて、青といってもいろいろで、(それはどの色もそうですが)載せるたびに、その花の色に、感心しています。
まったく同じ色はないからです。
ほっとけば処分されてしまうものが、きれいに生まれ変わるって、何よりの喜びです。

投稿: ネモフィラブルー | 2006年9月21日 (木) 09時17分

こんばんは。
サマーウェーブ、少し紫系の深い青色がともて素敵です。私も、このサマーウェーブ、ハンギングで育てて楽しんだことがあります。
見捨てられそうだったお花も、空色ガーデンにやってきて幸せですね。
ほんとに育ての親ですね。親の醍醐味も味わえますね。

投稿: ムムム | 2006年9月20日 (水) 23時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/127583/3511863

この記事へのトラックバック一覧です: 大成功のサマーウェーブ:

« ウェディングブーケのプレスフラワー | トップページ | 琵琶湖畔の夕暮れに »