« 秋茄子を嫁に‥‥ | トップページ | 彼岸花と紫苑の里 »

2006年9月26日 (火)

難しかった!サルビアパテンス

青い花々(41)
サルビアパテンス(ソライロサルビア)
09240001 数年前から、苗を買っては、あまり花も咲かず枯らしてしまう。
今年は、種を買って、蒔いてみた。
たしかに、サルビア図鑑をみても、難しそうに書いてある。
初夏に一度咲いたので、やったー、これからどんどん咲くぞと期待していたから写真も撮っていない。育った7本のうち3本だけに花らしいものがついただけで、あとは弱っていく一方。
暑さに弱いのに、花壇に植えたのがまずかった。
鉢植えにして、涼しい日陰に移動してやればよかった。
クレパスのあおの色、大きな花びら。
たくさん群れて咲くことはなさそうなサルビアだけど、もしそうならと夢見てしまう。
涼しくなり、脇から新芽が上がってきて、一本花穂が伸びて、咲いてくれた。
なんてきれいなあお。
いつかたくさん咲かせてみたい。
写真のような姿は1日だけ。
なかなかきれいな写真も取れない、私には難しいサルビアです。

|

« 秋茄子を嫁に‥‥ | トップページ | 彼岸花と紫苑の里 »

コメント

ムムムさんへ
きょう畑に種まきに行ったら、赤とんぼがたくさん飛んでいて、稲刈りの終わった田のあぜは、彼岸花で真っ赤。
ムムムさんに見せたいなーと思いました。
もし、機会があれば、今森さんの「里山物語」(新潮社)と、「フィールドノート里山」(福音館)をご覧ください。
見たらきっと、「あーここだ」という地図も
載ってます。

投稿: ネモフィラブルー | 2006年9月27日 (水) 01時27分

misaoさんへ
コメントありがとうございます。
たしかに、すっと立った清涼な姿は、存在感があって、一本だけも素敵です。
先のほうまで、花が咲きそろうことなく、散ってしまう、なんともはかないサルビアです。ただそのはかなげな咲き方が、色とマッチしていて、魅力でもあるのですが。
メドーセージのアドバイスありがとうございます。はじめてなので、用心のため、鉢植えにしました。冬越ししたら、株分けして地に下ろしてみようと思っています。
濃いメドーセージのように強くないんですね。一緒に植えたら負けてしまうかもしれませんね。
ところで、あのパンプキンパイは、まるで、玄人サンの腕前ですね。おいしそうなのはもちろんですが、なんともかわいい。
こんなのがうちで作れるって、すごい!  大尊敬です。

投稿: ネモフィラブルー | 2006年9月27日 (水) 00時55分

micoさんへ
とても、青らしい青のサルビアです。
咲いても、次の日には、花びらがしおれてしまうので、この青を見たくても、少しの間です。いつまでも見たいのに、うまくいかないものです。

投稿: ネモフィラブルー | 2006年9月27日 (水) 00時24分

素晴らしい吸い込まれそうな青色で・・これからどう育っていくんでしょう。
昨日の田んぼの景色も眺めました。
ネモフィラブルーさんに教えてもらった今森光彦さんの本を、まずは図書館に予約して、そして手元に来ました。
「琵琶湖里山ふるさと散歩」と「里山のことば」です。写真に見とれています。棚田は畑地区のが載っています。しばらく眺め読んで楽しみます。

投稿: ムムム | 2006年9月26日 (火) 17時13分

パテンス、見事な空色ですね。
手塩にかけたお花、感慨もひとしおでしょう。
私はまだ実物を見た事がありませんけれど、こんな素直な青いお花にはなかなかお目にかかれません。
これがたくさん咲いてくれたら確かに素敵だけど、存在感のあるお花ですから、こうして1本風に揺れているのも風情があっていいですよね。

ブルースカイもお迎えになったのですね。
『やっほー』と言いたくなるお気持ち、わかりますよ~♪
淡くていい色ですよね。
私は去年の冬越しで枯らしてしまいました・・・グッスン(T-T)
耐寒性がちょっと弱いそうなので、地植えならマルチを厚めにするか、鉢植えで霜の降りない場所に置いておくといいようです。

投稿: misao | 2006年9月26日 (火) 14時49分

こんにちは
珍しいサルビアを有り難うございます、
ほんとに素敵な青色ですね。

投稿: mico | 2006年9月26日 (火) 13時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/127583/3588980

この記事へのトラックバック一覧です: 難しかった!サルビアパテンス:

« 秋茄子を嫁に‥‥ | トップページ | 彼岸花と紫苑の里 »