« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月29日 (火)

青い花々(28)

青い花々(28)

ペインテッドセージ(サルビアホスミナム)
08260007 たしかに、えのぐで、ペイントしたように
染め分けられています。
ピンクと白もあります。
セージは、風に倒れて、ゆれる様がファンにとっては、なによりの魅力です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

やっと種を買ってきた

08280002_2 種類を豊富に取り揃えてあるお店まで、足をのばして、やっと行ってきた。
今年は、これらの種と、うちで種をとった、ネモフィラ、紫花菜、ルピナスボンネット、掘りあげたチュ-リップ、球根のまま埋まっているシラーでいこうかなー。
ただ、いつも計画通りにいきません。
こぼれ種がたくさん芽をだしたり、友達に苗をもらったり、
咲くはずの時期に咲かなかったり‥‥
1番予定外なのが、すこし春めいてくると、園芸店に温室育ちのお花が出回り、いてもたってもいられなくなって買ってしまうことです。
まあいいか、どれもすてき、すてきと計画倒れもなんのそのの春の準備です。

種選びは、イメージがふくらんで、ワクワクする楽しいひとときです。

    

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月27日 (日)

紹介遅れの青い花

まだブログを開いていない時に、誇らしく咲いていたたくさんの青い花々は、今は時折、1輪だけ咲いている、夏の終わり。
今朝の庭に咲いていた紹介遅れの方達です。

青い花々
 コンコルボス  においばんまつり   クレマチス   ロベリア 
  08260006_1 08260009 08270007 08270009  

| | コメント (6) | トラックバック (0)

好き好きオキザリス2種

ここのところ、ちょっと疲れがたまってて、休養してました。
1番好きなお花を載せて元気だそーっと。
最近は、いろんな種類がでていて、けっこう色も華やかなものもるけれど、葉の色も、花の色もこの2種のオキザリスに惚れてしまって、10数年。
夏が終わりかけると、休んでいた花がぽつぽつ顔を出す。うれしい時です。
大鉢で満開のとき、2度ばかり表側の庭から紛失。
どなたが持ち帰られたのか知らないけど、今もどこかで咲いているのかな?

今年の白は、レモンの木の下に敷き詰めたから、もってけないぞ。
子供のころ、学校の帰りによく摘んで、茎を噛みながら、そのすっぱい味を楽しんだ、かたばみ。今はおしゃれな名をもらったものです。
私にとってあのころは、お花は見るものじゃなくて、食べるものだったようです。
08270004 06130010  08270003
右端は
6月撮影

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月24日 (木)

当てたのはそっちでしょ!!!

昨夕、両親のマンションに手伝いに行く途中、コンビニで買い物をしようとエンジンを止め、降りようしたとき、ドシン!!!  やられた

「エー なんでー? 止まってはった? 私が悪いん?」とおばちゃん。
「後ろを見てないからやろ 残念ながら止まってましたー あんたが悪い」
関西弁で怒鳴りたいところをじっと我慢。
「小さい車なら、これぐらいでもすぐ出られるだろうけど、うちランクルだから‥‥(へたならランクルに乗るな!)」 
 「おとうさんに電話するし」と車の中に入って、なかなか出てこない。
キレタ!!!   
「あなた自分が悪くないとでも思ってるの?一言ぐらいあやまったらどう?」
警察を呼んで、おばちゃんはやっと自分が悪いと認め謝った。
事故のときは、警察が来るまで、謝ったらあかんと夫もよく言うけど、100%加害者側の過失が明らかなときは、まず謝ってよね。プンプン

08230005_1 やられたほうでも事故はホント嫌。

母はおなかをすかして待ってました。ゴメンネ。

青い花々(27)
トレニア

トレニヤのこういう姿は毎年よく見かけます。
きれいに咲いてる ど根性トレニア

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年8月23日 (水)

文武両道

早実の斉藤君の話題でもちきりの、この夏の高校野球。
試合後の斉藤君の涙をみて、最近になく、こみあげてしまった。
二人の息子も小学生のころから、野球一筋。
大学では、サークル程度になったにせよ、高校時代は甲子園を夢見て頑張っていた。
雪の日も、雨の日も大きなバッグを抱え、朝連の日は5時におきて、1番電車に乗る。
文武両道を唱える歴史ある高校で、本人は、両道なんて程遠く、四苦八苦。
授業中に、熟睡して、名を呼ばれたとたん机ごとひっくり返ったなんてエピソードを、卒業文集ではじめて知って、大笑い。
とうとう挫折して、軟式に変わったけど、軟式の近畿大会決勝で、敗戦投手になった兄。
最後の県大会予選で、最終バッターになったけど、三振した弟。
平凡なこの子達が、たくさんの友達と流した涙を思い出した。
あのころ辛かったことも、楽しかったことも、大人になった今、心の支えになってますか?

すべての野球少年たちの夢は、まず甲子園。
みんなの夢を、文武両道を、さわやかにかなえた斉藤君に心からおめでとう

08230001 青い花々(26)

ムラサキツユクサ
暑い中、まだ木陰ではけなげに咲いています

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月22日 (火)

これって罪になる?

05040019_1  3年前に、プーケットに行ったとき、ホテルの庭に咲いていた、オレンジ、白,黄、の夾竹桃のような花。
種がたくさん落ちていたので、3粒持ってかえって、蒔きました。

今年とうとう花が咲き始めたけど、3本とも黄色のみ。なぜだろ3色のつもりだったけど。

暑さの中、花数は少ないけれど、この地でも元気にしています。
私が行ったちょうど1年後、マンゴーにかぶりつきながら、散策していたパトムビーチに、大津波が押し寄せ、信じられない光景が映し出されました。
タイマッサージのおばちゃんや、文旦のような果物をきれいに皮をむいて売っていた女の子(いまでも忘れないくらいおいしかった)、ビーチにお昼寝していたたくさんのワンコたち、みんな無事だったんだろうか?
この花を見るたび、プーケットに明るい笑顔が戻っていますようにと、願わずにいられない。
植物の種を持ち帰るって、罪になる?

青い花々(25)
08210001  コリウス
寄せ植えの、ライトグリーンのコリウスに花があがりだした。

よく見ると、あなたも立派な青いお花の持ち主でした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年8月20日 (日)

自己満足のコーナー

08200001  この時期がくると、わくわくする花壇のコーナーがある。
毎年、ほっておいても必ず咲きそろうおりこうさん達。
サルビアコッキニアコーラルニンフ(珊瑚色の妖精)がこぼれ種で咲き始めると、メドーセージ、ボッグセージもにわかに花があがってくる夏の終わり。
休んでいたオキザリスパープルウェーブも、独特の葉をゆらし、少ないながら薄桃紫の花をつけ始める。
何度も眺めて、そばにあるローズマリー、ミルキーコスモスの花も待ちわびる、自己満足のコーナーです。   

       

青い花々(24)
ヤブラン
08200003_2庭のかたすみで ひっそり咲いている。アップで見ると一粒づつの蕾が愛らしい

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年8月19日 (土)

スットコチーヨと鳴く蝉は?

「おっ スットコチーヨが鳴いてる 夏も終わりやなー」と夫。

つくつくぼーし つくつくぼーし つくつくぼーし スットコチーヨ スットコチーヨ ジー
と鳴くつくつくぼうしの声に二人で笑顔。
むかし読んだ本に書かれていたと夫が教えてくれた。
それ以来数十年、うちではつくつくぼうしはスットコチーヨと呼んでます。

08170001 08170003_1  青い花々(23)

デュランタ宝塚

年々鉢替えして大きくなり
たくさんの花房が風にそよぐ。
花期間も長く、これから寒さが
来るまで楽しめます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年8月16日 (水)

びっくりアオムシ君

08150001_1 08150002_1

ナ、ナントおおきな!!!

きのう、畑のナスでお食事中のアオムシ君。 

昆虫音痴の私はびっくり
体長10cm弱、私の指より太いくらい。
こんな大きなアオムシ君は、いったいどなたのお子様なんですかね?
蝶なの蛾なの?
つれて帰って観察しようかと思ったけど、育たなかったらかわいそうだし、そのままに。
野鳥のディナーになったら、それもかわいそう。
           うーん 自然の摂理におまかせしましょう。

青い花々(21)08150003_3
さわぎきょう(宿根ロベリア)
山の花壇は、水は雨任せなので、このところの日照り続きで、湿地好みのさわぎきょうは、花が少なく、ひ弱。
少ないながら、きれいな青い花をつけました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年8月14日 (月)

認知症の母

もう、ここで二人で暮らすのは限界だから。
と足が自由に動かなくなった父と、軽い認知症がみられるようになった母。
兄、姉と相談して、山陰の地方都市から、私の近くのマンションに呼び寄せて4年。
ショートステイ、デイケア、訪問介護、公的補助を駆使して、なんとか介護を続けている。
認知症の母が、父の世話をやきながら、 いつまで二人で暮らせるのだろうか?
施設に入るのは、1日でも先延ばしにしてやりたいと思いつつ、92歳と89歳になった今、泣き笑いの日々は流れている。
母は、娘の私が言うのも何なんだけど、心優しく、清らかな人で、いつもいつも「ありがとうございます。ごめんなさい。すいませんでした」を繰り返す。

認知症の今、もっと自我をだせばいいのに、嫌って言えばいいのに、つらいって言えばいいのに。っと切なくなる場面がよくある。

息子にそのことを話すと「そういう時こそ、人の本性がでるんだよ」とひとこと。
そう、ほんとそうだろうなー。
わたしも母のように歳をとれるかな?
今日こそは、へまばっかりする母をとがめないようにと、心に言い聞かせながらマンションにむかう私には、無理だろうなーと反省しきり。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

100円でゲットしたエキザカムダブル

青い花々⑳
エキザカムダブル08140004
きのう、園芸センターで見つけた、エキザカム。08140008_2
100円に値下げされていたので、買って帰り、枯れた花を掃除したらこの通り。

アップすると青紫のばらのよう。
植え替えたら元気になって、花いっぱい付けるかな?

他にも、サルビアファリナセアの紫単色を4本を、1本10円でゲット。
暑さで、へとへとになり、思ったより大きな株にならない、他のサルビアの間に、植え込み。
これからでもまだ大きくなれるかな?
やっぱり強いファリナセアを主に植えるべきだったなと反省。
ブルーのセージ好きとしては、いろいろ試している、ここ数年です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月10日 (木)

つれづれさんにスージーさんを紹介

08100006_3 08100007_2 さんしょくすみれをのぞいてにこっ!
咲いてる咲いてる♪♪♪
黒い目をしたスージーさん(BLACK EYED SUSIE)
この春、イギリスから帰った友達にもらった種の花です。

ツンベルキアとは知りませんでした。
10本ほど育ってたけど、オレンジをひとつ見ただけで、みどりがおもちゃにしてしまいました。置く場所がまずかったな。めずらしい花だったので残念でなりません。という訳で、種が取れそうですね。
袋の育て方を載せましたが、クリックしてください。
読めるかな?(英語がじゃなくて、字がちっちゃくてですよ)

青いツンベルキアは、朝顔を小さくしたような花だったと思うけど、自信ありません。
年とともに、お花の名が覚えにくくなって……

| | コメント (1) | トラックバック (0)

げんのしょうこはフウロソウ?

08100003 里山の畑で今朝見つけたげんのしょうこ
煎じて飲むと腹痛がぴたりと止まるので、試してごらんこの通りって事で、現の証拠と呼ばれるんだとか聞いたことあるけど、すごい名づけ方。
この花の、このかわいさって、そうフウロソウ(ゲラニュウム)の仲間です。
ガーデン用の洋種になると花屋さんで、いいお値段ですが、野生のフウロ
ソウはものすごい繁殖力で雑草扱いです。

08100002_3 今日の収穫。2日行かないと、オクラはきゅうりの大きさに。でも不思議に柔らかいんですよ。
万願寺とうがらしもトマトも、ちょっと小ぶりになってきたけど、まだまだ獲れます。

08100001_1

  青い花々⑲
  イソトマ

切り口から出る白い液にまけて、何度もつらい目にあいながらも、植えずには」いられないかわいい青。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月 8日 (火)

娘からのプレゼント

08080002_4 08080003_2     青い花々⑱
ツルバキア(はなにら)
春に咲く星型の花が咲くはなにらと違い、球根ではなく株分けで増やすようです。
この時期、斑入りの葉から長い茎をのばし風に揺れる姿は涼しげ貴重。

08080004 08080005 京都で働く娘が、遅ればせの誕生祝をもってきてくれた。夫と私の誕生日は1週間違いなので、合理的。
夫には若々しいTシャツ。私には壁掛け兼用バッグとパリの子供の写真集。アリガトー♪
でもいくら大人になってもこどもにしてもらうのはホント恐縮しちゃいます。
一月毎にしか帰らないけど、里心がつかないって事は、生活が楽しいんだろうと夫。
そう、親は自立させたら、遠くで見守るだけでいいんですよね。
「うーん おいしい」とトマトをほうばる娘に「少しは結婚のこと考えてるの?」なんて質問はご法度です。かな?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年8月 7日 (月)

今森光彦さんのトンボの住所録と野仏マップ

08070004 今森さんの写真集はいろいろ出てるけど、本屋さんでこれ持ってないなと見ていた「今森光彦 フィールドノート 里山」(福音館書店)。
トンボの住所録と野仏マップなる今森ワールドらしい地図があった。
よくみるとふたつの地図の重なり合う真ん中にうちの里山ガーデンはある。
湖西(琵琶湖の西側)に移り住んで20年。子供のために引っ越してきたけど、子供達は巣立ち、すっかりこの地が好きになった私達夫婦は、いつか、みどりと一緒に里山の小さなガーデンに移りすめたらな~と。
夢かな?
里山に写真を撮りに来ている、プロの人達のカメラを見ただけで、私は見る人でいいやとずっと思ってました。
でもブログやってる人は皆上手なんですよねカメラ。私も勉強しなくっちゃね。

08070003 青い花々⑰
ブルーデイジー

春に1度盛りを見たけど、再びたくさん蕾があがり、ちらほら咲き始めた。

この暑い時期によくぞ涼しい顔して咲いてくれました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年8月 5日 (土)

ときどき観たくなる「ギルバートグレイプ」

先日のジョニーディップの来日の模様を見て、ブログに入れ込んでてしばらく映画を観てないな~
ときどき観たくなるNO1の「ギルバートブレイク」を観る。(ビデオちょっと古くなりすぎ、DVDを買わなくちゃ)
どうしても泣いてしまう。なんなんだろう。泣くほどの映画でもないんだけど……
ピュアなディップのせい?うますぎるディカプリオのせい?
うちの三人の子供達もそれぞれ自立した今、映画の観かたも変わってきたけれど、自分の子のようにギルバート兄弟を愛してしまっているんだなと気づいた。

青い花々⑯
ペチュニア(うすずみとブルースカイ)

08010010_1 06130001_1 08010011_1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月 3日 (木)

トマト28個も収穫。リコピンいっぱい。

08030001_2 今朝みどりの散歩ついでに、夫に3日ぶりに里山に行ってもらった。収穫はこのとおり。
完熟トマト28個、初めてのゴーヤ、ゴーヤと同じ大きさのきゅうり。朝から二人で2個ずつ食べてリコピンいっぱい摂取。 あとでご近所にもらって貰おう。まだまだ獲れるのでトマトソースのベースいっぱい作って冷凍したり、お嫁ちゃんや姉や友達に送ったり、今年はほんと大成功でした。汗かいて頑張ったもんね

青い花々⑮
メドーセージ
06250003_2 

大きくなりすぎて最近刈り込んだので、これは咲きはじめごろの画像です。色も姿も魅力的で、私の中では何年たってもベスト3に入れたいセージ。太い指が興ざめですいません

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月 2日 (水)

みどりに小さなお友達がきた

こんなハイパーな犬種は散歩が大変だからとさんざん止めるのも聞かず、近くのお宅にアイリッシュセッターの子犬がやってきた。3ヶ月の男の子が、ラブの桃ちゃんと一緒にはじめてうちのみどりを訪ねてきてくれた。みどりはちゃんと伏せて上手に相手をしてよく遊び、いいお姉さん振りを発揮。みどりもこんなんやったなと、夫もかわいいジェフ君に目を細め、またあそぼうね。

  みどりと桃ちゃん   みどりとジェフ     ジェフと桃ちゃん                                                  

07310013_1 07310016 07310002

           

    青い花々⑭
    アサリナ

08010001_2 去年のこぼれ種がつるバラに絡んで、花を咲かせ始めた。蕾がいっぱいなので、バラに替わって夏を楽しませてくれそう。これってサマーウェーブに似てる。改良種かな?                                 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »